• ホーム
  • 芸能
  • 【動画】長澤まさみ、台湾ドラマ初挑戦に自負「頑張った」

【動画】長澤まさみ、台湾ドラマ初挑戦に自負「頑張った」

 女優の長澤まさみが6日、台湾ドラマ『ショコラ』の試写イベントに出席。長澤が初めて海外ドラマに挑戦した作品で、中国語(北京語)のせりふにも初挑戦した。この日も中国語で「長澤まさみです、よろしくお願いします」とあいさつし、共演した台湾の人気俳優ラン・ジェンロンから「17年以上台湾に住んでいる監督より上手」と褒められていた。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、『ツルモク独身寮』などの作品で知られる窪之内英策氏の同名漫画を原作に、台湾で制作、昨年1月から放送された。制作総指揮は『流星花園〜花より男子』や『イタズラなKiss II〜惡作劇2吻〜』を手がけたジェリー・フォン氏。監督は台湾で活躍する日本人監督の北村豊晴氏が務めた。

 撮影は約2年前に行われ、中国語のせりふを覚え、正しく発音するのに必死だったという長澤。当時を振り返り、「撮影が始まる直前2週間は台湾で毎日9時間の中国語の集中レッスンを受け、大変な思いをしました。監督もプロデューサーも厳しい方で、何度もやり直しをさせられました。でも、頑張ってやれたんじゃないかな」と充実した表情をみせていた。

 ジェンロンは中国のせりふを真剣に練習する長澤の姿を間近で見ていたこともあり、「長澤さんと共演できたことが、自分にとって一番うれしいことでした。長澤さんの頑張った演技、中国語のせりふをじっくりとご覧いただければ」と自分のことはさておき長澤を讃える、男前ぶりだった。

 原作者の窪之内氏も来場し、長澤とジェンロンの似顔絵を描いた色紙をプレゼントするサプライズもあった。長澤は「かわいらしく描いてくださって、すごくうれしいです」と大喜びし、ジェンロンは「かっこよすぎませんか」と恥ずかしそうにしていた。

 同作は、日本育ちの音大生のヒロイン・千恵(長澤)が、亡き母の駆け落ち相手で、ケーキ店を始めた元ヤクザの組長と子分たちが暮らす家に乗り込んできたことから始まるラブコメディー。ジェンロン演じる元ヤクザの兄貴分・是吾(シーウー)との恋愛模様はポップに、家族や仲間とは人情味たっぷりに描く台湾ドラマの醍醐味を存分に楽しめる。

 北村監督によると、台湾では大幅にカットされていたジェンロンのアクションシーンが日本版には盛り込まれているという。レンタルチェーンのTSUTAYAで、あす7日からレンタル開始。DVD-BOX第1巻は16日、第2巻は2月4日発売。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 台湾ドラマ『ショコラ』の試写イベントに出席した長澤まさみ (C)ORICON NewS inc.
  • ラン・ジェンロン (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)ラン・ジェンロン、長澤まさみ、北村豊春監督=台湾ドラマ『ショコラ』の試写イベント (C)ORICON NewS inc.
  • 『ショコラ』原作者の窪之内氏が描いた長澤まさみの似顔絵 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス