• ホーム
  • 芸能
  • ライトノベル業界初、キャラクターが“執筆活動”する新レーベル創刊

ライトノベル業界初、キャラクターが“執筆活動”する新レーベル創刊

 ビジネス書や自己啓発書、女性エッセイなどを出版するディスカヴァー・トゥエンティワンが来年、ライトノベルの分野へ参入。全く新しいキャラクター小説レーベル、「NOVELiDOL(ノベライドル)」を立ち上げ、5月創刊を予定している。

 ライトノベル市場は各社からレーベルが乱立気味。書店には毎月100タイトル以上の新刊が並び、どれを読んだらいいのか読者を悩ませるほどだ。各レーベルが差別化に知恵をしぼる中、「NOVELiDOL」は架空のキャラクターが作家デビューする業界初の試みを敢行する。

 アイドルで作家のキャラクター(ノベライドル)の「ふみのん」こと「文野はじめ」が作品を執筆し、書店で書籍を発売するという究極のフィクション設定で、多岐にわたるジャンルの小説を刊行していく。その一方で、架空のキャラクターがまるで実在する人間のように、SNSを通じたファンとの交流やプロモーションを行い、店舗の店内放送や等身大の立ちパネルなどの展開をすることで、「書店に行くことで会えるアイドル」として活動予定。実際の芸能人のようにさまざまな場所でアイドル活動をしていく。

 キャラクターデザインは賀茂川氏。キャラクターボイスは人気声優の竹達彩奈が担当する。「今回ノベライドル、ふみのんこと文野はじめ役を担当させていただきました。ふみのんは食べるのが大好きな女の子で、最初に出会った時は『あ、この子、私に通じるものがあるな』と感じました(笑)。中でも彼女はコロッケが好きなので、いつか一緒に食べれたらいいな、と思っています。アイドルとしても小説家としても頑張っていくふみのんをぜひ一緒に応援してください。私もふみのんの一番近いところで見守っていければ、と思っています」とコメントを寄せた。

■公式サイト
http://www.d21.co.jp/novelidol.html



関連写真

  • 業界初“キャラクターが作家活動”するノベライドル・文野はし?め(キャラクターデザイン:賀茂川、CV:竹達彩奈)
  • 竹達彩奈

オリコントピックス