• ホーム
  • 映画
  • 花澤香菜、『劇場版サイコパス』完成に感慨 足かけ5年…「朱ちゃんと生きてきた」

花澤香菜、『劇場版サイコパス』完成に感慨 足かけ5年…「朱ちゃんと生きてきた」

 声優の花澤香菜が19日、都内で行われた『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』(来年1月9日公開 ※R-15指定)の完成披露舞台あいさつに出席。テレビアニメ1期から主人公・常守朱を演じてきた花澤は、「『サイコパス』に関わって4、5年。朱ちゃんと一緒に生きてきた感じがします」とストーリーに一区切りつけた劇場版の完成に感慨深げだった。

 人々の精神が数値化される近未来で、正義を問われる警察のドラマを描く同作。2012年10月にテレビアニメ1期、今年10月より2期が放送。アニメ2期に続く形で新たなストーリーが紡がれる劇場版では、厚生省公安局刑事課の監視官・常守朱(CV:花澤)が外国の水上都市・シャンバラフロートへ捜査へと旅立ち、新たな正義をめぐる物語が展開される。

 今月18日にアニメ2期の最終回を迎え、花澤は「とてもうれしい(気持ち)。でも、こうして劇場版も観てもらっても、まだ実感が沸かない」と直後の心境を告白。2期と劇場版で常守が「公安局」を引っ張る“リーダー”にまで成長し、「アフレコが終わって、すごい緊張感から一気に開放された」と肩の荷が降りた様子でリラックスした笑顔を見せた。

 この日、ひと足早く同作を鑑賞した大勢のファンから万雷の拍手を受け、「ありがとうございます」と笑顔で返した花澤。「皆さんがいてくれる限り、もっと朱ちゃんを演じる機会はあると思う」と続編へ含みを持たせ、「この続きがもしあったらとしたら朱ちゃんはどうなってしまうのかと、期待と不安が入り交じっています。そこに向けてこれからも頑張ろうと思います!」と目を輝かせた。

 舞台あいさつには、花澤のほかにも野島健児佐倉綾音伊藤静櫻井孝宏沢城みゆきら「公安局」のメンバーがズラリ。また、重厚な世界観を劇場版でさらなるSFクライムサスペンスに昇華させた本広克行総監督、塩谷直義監督も出席した。

 さらにイベント途中には、テレビアニメ1期で常守の相棒として活躍し、1期の最終回以降、“失踪”して行方を注目されていた狡噛慎也役の関智一もサプライズゲストとして登場。劇場版で再び登場し、物語の鍵を握ることが正式発表され、関は「ついに狡噛慎也、『サイコパス』に帰ってきました!」と笑顔。花澤との掛け合いも見せ、会場のファンは“常守&狡噛”コンビ復活に大きく湧いていた。



関連写真

  • 舞台あいさつには、花澤香菜らメインキャストと監督がズラリ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス