• ホーム
  • 芸能
  • 【動画】元エビ中・鈴木裕乃、“転校”後を語る

【動画】元エビ中・鈴木裕乃、“転校”後を語る

 モデルで女優としても活躍している鈴木裕乃が、いま“ニョキっ”ときている注目のタレントに迫るインタビュー番組『水曜のニョッキ』に登場。

 鈴木は、私立恵比寿中学(エビ中)のメンバーとして活動。「女優を目指したい」という理由で今年4月の武道館公演を最後に、エビ中を「転校」した。

 「もともと(事務所の先輩の)北川景子さんがすごく好きで、女優になりたいと思っていた」が、エビ中加入が決まり、一旦はアイドル活動に専念。転機となったのは、初主演となった映画『ジョーカーゲーム 脱出(エスケープ)』(2013年3月公開)。「役者としていろいろな課題が見つかって、もっとちゃんとやってみたいという気持ちが強く」なり、転校を考えるようになったという。
 
 転校後は、7月に舞台『フライングパイレーツ〜ネバーランド漂流記』に出演。初めての座長を務めた。女優としては順調なすべりだしに思えるが、「まだまだですね。声量がなくて、監督さんから『小鳥のさえずりだね』って言われたり。でも言われっぱなしも悔しいので、筋トレに励んでいます」と謙虚さを見せた鈴木。「筋トレの成果は出ている?」と尋ねると「出てるといいんですけどね」と笑った。詳細は動画で。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」


オリコントピックス