アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 杏、吹き替え声優初挑戦「声のお仕事に興味ありました」

杏、吹き替え声優初挑戦「声のお仕事に興味ありました」

 女優の(28)が、リドリー・スコット監督とクリスチャン・ベイルがタッグを組んだアドベンチャー大作『エクソダス:神と王』(2015年1月30日全国公開)で、主人公モーゼの妻・ツィポラ役の日本語版吹き替え声優を務めることが16日、わかった。「声のお仕事にはもともと非常に興味がありましたので、自分としては初めての試みですが是非チャレンジしてみたいと思い、オファーをお引き受けしました」という杏は「私が演じた妻ツィポラとモーゼの夫婦の絆も見どころの一つです。ぜひ、劇場で観て頂きたいです」と呼びかけている。

 同作は、紀元前1300年、エジプト王家の養子として育てられたモーゼが、ヘブライの民40万を救うため、兄弟同然に育ったラムセス王に反旗をひるがえす。最新VFXと3D技術を駆使し“神に選ばれた男”モーゼと“神になろうとした男”ラムセスの物語を、壮大なスケールで描く。

 杏の役柄は、夫であるモーゼを献身的に支え、40万人の民を救う為に旅立ったモーゼを信じて待ち続ける芯の強い女性ツィポラ。国民的女優としての清廉で風格を感じさせる杏のイメージが、3300年にも渡って語り継がれる伝説的英雄モーゼの妻役に、まさにぴったりであることから、今回の起用が実現致したという。

 全話平均視聴率22.4%を記録したNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』でも夫を支える妻を熱演した杏。今回の“夫”モーゼについては「他者のために無私の心を持つモーゼはとても強く聡明で素晴らしい男性だと思います。一人の男性として、頼もしさを感じました」と絶賛しつつも「(妻である)私を置いていってしまうのは困りますね」と笑いを交えコメント。

 それでも作品は「これまでのモーゼに対するイメージを覆す、新たなモーゼ像を描いているので、彼の物語にあまり馴染みのない人であっても、エンターテインメントとして楽しめる作品になっています」とアピールし「私が演じた妻ツィポラとモーゼの夫婦の絆も見どころの一つです。ぜひ、劇場で観て頂きたいです」と呼びかけている。



タグ

オリコントピックス