• ホーム
  • 芸能
  • 米倉涼子、『ドクターX』で初めて見せる涙 最終話90分SP

米倉涼子、『ドクターX』で初めて見せる涙 最終話90分SP

 女優・米倉涼子が主演するテレビ朝日系ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の最終話が、18日午後9時より90分スペシャルで放送されることが10日、わかった。「最終話の台本を読んだ時、たまらず泣いてしまいました」と明かす米倉。最終話で大門未知子(米倉)が挑むのは、最愛の師匠・神原晶(岸部一徳)のオペ。米倉は「他界した実の父以上に慕っているかもしれないと思うほど」の信頼を寄せる岸部との共演に万感の思いを込めた。

 一匹狼のフリーランス外科医が、日本医学界の頂点「国立高度医療センター」の覇権争いに巻き込まれながらも、患者の命を救うことを第一優先に突き進む姿を描く同ドラマ。初回から9話(12月4日放送)までの期間平均視聴率が22.0%と、今年の民放ドラマトップの人気を獲得している。

 最終話は、突然病に倒れた晶と、かつての敵である蛭間重勝(西田敏行)の手術。“一番やりたい手術”と“一番やりたくない手術”の狭間で、未知子はもがき苦しみながら、戦い続ける。

 シリーズ3作目にして、「未知子にとって、晶さんは特別な存在なのですが、実は私自身にとっての一徳さんの存在とすごく重なる」と語っていた米倉。晶の手術シーンでは、米倉から自然と湧き上がる心の揺れや覚悟の表情を絶対に逃すまいと、通常行われるテストを飛ばして、本番へ突入。なりふり構わず処置をする未知子の切羽詰まった表情、そしてあふれ出た涙…、米倉の渾身の演技に監督からも一発で力強い「OK」の声が飛んだという。

 米倉は「晶さんが手術台に寝ている姿を見ただけで、もう心が痛くて。本番が始まった後は、一連のシーンを途中で止めずに最後まで演じたこともあり、なおさら胸にこみあげてくるものがありました。とにかく必死で、涙が流れ落ちたことも自覚していなかった」と振り返った。

 未知子は最後まで失敗することなく、晶の命を救うことができるのか。医学界の頂点に立つ最大の敵・天堂(北大路欣也)とはどう向き合うのか。そして、未知子が初めて見せる涙…。見どころ満載の最終話。米倉も「私自身も本編を見るのが今から楽しみです」と話している。



オリコントピックス