アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 富山県高岡市のご当地キャラ『あみたん娘』がピクチャードラマ化。新人声優を募集

富山県高岡市のご当地キャラ『あみたん娘』がピクチャードラマ化。新人声優を募集

 『サクラ大戦』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』などを手掛けるアニメーター・松原秀典がデザインした、富山県高岡市の観光大使キャラクター『あみたん娘』のピクチャードラマシリーズ制作がスタート。出演声優の募集も8日より開始された。

【写真】その他の写真を見る


 『あみたん娘』とは、富山県高岡市の有志が、地域活性化を旗印に、高岡市出身のアニメーター・松原秀典のオリジナルデザインを得て構築した美少女キャラクター。愛媛のご当地アイドル「ひめキュンフルーツ缶」の立ち上げに関わった脚本家・酒井直行がプロジェクトに参画し、新聞の連載小説やマンガ連載、スマホゲーム『パズドラ』とのコラボ、MMD(3DCG)化など多角的にメディア展開。さらに10日には、人気声優・山本希望森久保祥太郎らによるオリジナルCDアルバム『あみたん娘 The First』をリリース。このほか様々な地域活性化イベント、企画を推進し続けている。

 そして今回、『あみたん娘』のピクチャードラマ『あみたん娘学園ケイサツ!』制作プロジェクトが発表され、広く出演声優の募集が行われる。ピクチャードラマは全20話が予定され、メイン声優として、あみたん娘カノン役に山本希望、あみたん娘セシル役にエリザベス・マリー、阿弥貴役に森久保祥太郎が決定。このほかレギュラー役とゲストキャラ役を演じる、やる気と才能溢れた次世代のエースを目指す新人声優を広く求めるという。

 募集するのは18歳以上の男女、プロ・アマ不問。オーディションは都内で行われ、都内アフレコスタジオでの収録に通える人に限る。応募締切は12月30日。応募の詳細は、公式ページおよびデ☆ビューホームページにて掲載されている。

■『あみたん娘』ストーリー
11歳の小学生、かのんとせしるは、ある日高岡大仏の化身である緑色した不思議な生き物・あみたんと遭遇。富山県高岡市を活性化するため、17歳の魔法アイドル、あみたん娘カノンとセシルに変身する。そんな2人に与えられた使命は、北陸地方に点在する20校の学園に潜入し、各校が抱えるトラブルを解決することだった。しかし、それぞれの学園には一筋縄ではいかないトラブルメーカーたちが数々の事件を巻き起こしていた。カノンとセシルは、果たして、20校の学園全てのトラブルを無事解決することができるのだろうか?



関連写真

  • アニメーター・松原秀典デザインの富山県高岡市観光大使キャラクター『あみたん娘』。左からセシル、あみたん、カノン(C)TR@P
  • アニメーター・松原秀典デザインの富山県高岡市観光大使キャラクター『あみたん娘』。左からセシル、あみたん、カノン(C)TR@P

提供元:Deview

オリコントピックス