• ホーム
  • 芸能
  • “嘘”から始まった、乃木坂46・秋元、生田、橋本主演の映画『超能力研究部の3人』公開!

“嘘”から始まった、乃木坂46・秋元、生田、橋本主演の映画『超能力研究部の3人』公開!

 12月6日に公開初日を迎えた映画『超能力研究部の3人』の舞台挨拶が東京・シネマート新宿で行われ、主演を務めた乃木坂46の秋元真夏生田絵梨花橋本奈々未と監督の山下敦弘が登壇した。

 映画『超能力研究部の3人』は、乃木坂46の5thシングル『君の名は希望』のMVになっている、嘘の劇中オーディション内で選ばれた3人が主演。ドラマ部分とドキュメンタリー部分が入り混じり、どこまでが“嘘”で、どこまでが“本当”なのか境界線が曖昧な、新感覚の作品となっている。

 今作の撮影について秋元は、「いくちゃん(生田)とぶつかるシーンもあったんですが、元からそんなに仲良くないのでやりやすかったです(笑)」と不仲を思わせる発言が飛び出す場面も。「そんなことないよー!そういうところ使われちゃうでしょ!(生田)」という言葉を受けて、「そんなこと言いましたが、本当は仲がいいので難しかったです(笑)(こういう映画なので)ちょこっとずつ皆さんを騙して行こうかな、と(秋元)」と、“嘘”と“本当”が絡み合う本作にちなんだ演出を見せ、会場の笑いを誘った。

 「物語部分の役」と「自分役」どちらが難しいかという質問に生田は、「“育子”は普段出会ったことのない人だったので難しかったです」と回答。また、「この映画は(フェイクドキュメンタリー部分で)素が垣間見えるところがあるので、その狭間を想像したり、観終わった後に一緒に観た方と語り合ってほしいです」と映画をPRした。

 舞台挨拶では、3人と同じく乃木坂46のメンバーである生駒里奈からのサプライズコメントが。生駒の出身地である秋田と、橋本の出身地である北海道・旭川でも同作が公開されることが発表された。旭川での公開決定を受けて橋本は、「北海道は札幌でしか上映されないと聞いていて、親に観てもらえないな、と思っていたんですが、上映されると知って嬉しいです」と喜びを語った。

 映画『超能力研究部の3人』は、現在全国で公開中。

 また、現在発売中の『デ☆ビュー』2015年1月号の表紙・巻頭には、同映画で主演を務めた乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未が登場している。



提供元:Deview

オリコントピックス