• ホーム
  • 芸能
  • 今井雅之、腸の緊急手術していた 「余命が3日くらい…」とも告白

今井雅之、腸の緊急手術していた 「余命が3日くらい…」とも告白

 俳優の今井雅之(53)が2日、自身のブログを更新。一部週刊誌で報じられた“極秘入院”での腸の緊急手術を認めるとともに、当時の病状について「もう手術が出来ないほど悪化していて、実は余命が3日くらいという話だったそうです」と明かしている。

 「押忍!今井です!」との書き出しで「実は内緒にしておこうと思ったのですが、皆様に本当の事をお伝えします」と綴ると「まさしく記事のいうとおりここ2ヶ月くらい前から体調が芳しくなく、都内の総合病院に行っていた」と報告。だが、はじめ病院では「腸の軽い風邪だと言われ、それでも調子が悪かったのでその後も3回程行きました。しかし、3回とも『腸の風邪です。』」と軽くあしらわれたという。

 どうしても痛みに納得できなかったという今井は、その後「大阪でドラマのロケがあった為、西ノ宮の知り合いの方に病院を紹介してもらいCTスキャンを撮って頂きました」といい「すると、やはり腸に異常がみられ、その時はもう手術が出来ないほど悪化していて、実は余命が3日くらいという話だったそうです」と明かした。

 この時を振り返り「自分はショックというより、他人の事のように感じました」と綴った今井。「結局、腸の専門の病院が横浜にあり、そこを紹介され一か八かで緊急手術することになりました」と説明。「結果は週刊誌にも書かれているとおり、今こうしてブログを更新できるくらい元気になりました!!」と自身がイベントに出席している写真を添えた。

 最後は「色々ブログでファンの皆様に心配して頂き、本当にありがとうございます!」と感謝し、年内については「まだまだ術後3週間なので、都内の病院に通院しながら東京のレギュラー以外は控えつつ回復に努めます!!」としている。



オリコントピックス