アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • DIVA、涙の解散ライブ 大島優子の作詞曲で梅田彩佳が感極まる

DIVA、涙の解散ライブ 大島優子の作詞曲で梅田彩佳が感極まる

 人気アイドルグループ・SKE48の宮澤佐江やNMB48の梅田彩佳が所属するAKB48の派生ユニット・DIVAが30日、千葉・幕張メッセで解散コンサートを行った。

【写真】その他の写真を見る


 最新シングル「DISCOVERY」で幕を開けたこの日のライブ。デビュー曲「月の裏側」をはじめ、今月5日に発売されたラストアルバム『DIVA』に収録されたダンスナンバーを中心に、DIVAらしい激しく熱いパフォーマンスが繰り広げられた。

 MCで宮澤は「2ndシングルのイベントを幕張メッセでやらせていただいた時に、後ろがスカスカだった」という経験から、「リハの時、こんなファンの皆さんでいっぱいになるなんて想像していませんでした。5人ぐらいしかいないと思っていました」と不安だった気持ちを明かしつつ、「こんなにたくさんのお客さんに応援してもらっていることが改めてわかりました。ありがとうございます」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

 アンコールでは、メンバーの宮澤、梅田、秋元才加増田有華と同じAKB48の2期生だった大島優子がDIVAのために作詞した楽曲「For tenderness」を披露。DIVAのメンバーへの愛情が伝わる歌詞に触れ、歌唱中に梅田が感極まる場面もあった。
 
 最後はメンバー10人全員でファンへの感謝の気持ちを伝え、2011年5月にスタートしたグループの活動に終止符を打った。



関連写真

  • 解散ライブを行ったDIVA
  • ダンサブルなパフォーマンスを披露
  • 千葉・幕張メッセでの解散ライブで活動に終止符を打ったDIVA
  • 千葉・幕張メッセでの解散ライブで活動に終止符を打ったDIVA

オリコントピックス