【動画】JKT48、日本の魅力を海外発信

 AKB48初の海外姉妹グループで、インドネシア・ジャカルタを拠点に活動するJKT48が11日、都内で行われた『BEAJ(放送コンテンツ海外展開促進機構)採択企画発表会』に出席した。

 インドネシアの冠番組『YOKOSO JKT48』でJKTメンバーが日本各地を訪問し、日本の魅力を発信。メンバーはこのほど東京、青森、岩手とロケを行い、椀子そばや津軽三味線を体験した。

 会見には、前日に来日したデフィ・キナル・プトゥリ、アヤナ・シャハブ、リディア・マウリダ・ジュハンダル、マリア・ゲノフェフア・ナタリア・デシー・プルナマサリ・グナワンの4名が出席。

 今回の来日メンバーも大阪、広島、愛媛、熊本、鹿児島と西日本5県でロケを行う予定で、大阪出身のアヤナは「めっちゃ楽しみ」と関西弁で意気込んでいた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス