• ホーム
  • 芸能
  • 【動画】市村正親、がん早期発見は“妻のおかげ” 篠原涼子の一声&看病に感謝

【動画】市村正親、がん早期発見は“妻のおかげ” 篠原涼子の一声&看病に感謝

 今年7月に早期の胃がんを公表し、その後腹腔鏡手術を受けた俳優の市村正親(65)が3日、都内で会見を開き、病気発覚後初となる公の場に登場。大勢の報道陣を前に「胃がんを克服して、復帰することができました」と元気な姿を見せ、早期発見が妻で女優の篠原涼子(41)のおかげだったことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 市村は、6月下旬に体調不良のため病院で診察を受けたところ、急性胃炎と診断され入院。その際に受けた精密検査の結果、胃に腫瘍が見つかり、病理検査で悪性とわかり早期の胃がんと診断された。

 当初は、急性胃炎のみの診断予定だったが、「妻が『すごい痛がっていて不安なので、いろいろと調べてもらえませんか?』と言ってくれた」ことからほかの検査も受けたと紹介。結果的に、胃がんの早期発見に繋がり、市村は「その一言がなければ、ただの腹痛で終わっていたかもしれない。知らないうちに(病気が)進行していたかもしれない」と妻に感謝した。

 約2週間の入院の間に腹腔鏡手術を受け、「全部取れたってことをお医者さんから聞いた時は(妻と)2人で抱き合いました。お互い泣き合いましたね」と回顧。退院後は、復帰に向けて自宅静養中で、家では篠原が療養食を振る舞ってくれているといい、「『また赤ちゃんが生まれちゃった』といいながらやってくれました」と照れ笑いを浮かべた。

 先月には、篠原が41歳の誕生日を迎え、「何かプレゼントは?」との質問に「『あなたが健康でいてくれるのがプレゼント』だと言ってくれました」とのろけ。サポートしてくれた妻に「これまで色んな宝をもらったけど、またもうひとつ、自分の命という宝を妻にいただいた。3人兄弟を女手ひとつで大変だろうけど、よろしくお願いします」とカメラ越しに微笑んだ。

 現在は月に1度、血液検査のために通院しており、10月上旬のミュージカル『モーツァルト!』のけいこで、仕事復帰するという市村。最後にはファンに向けて「また、市村の芝居を見ていただければと思います。末永くよろしくお願いします!」と呼びかけていた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 胃がん発覚後、初の公の場に登場した市村正親 (C)ORICON NewS inc.
  • 胃がん発覚後、初の公の場に登場した市村正親 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス