アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • スヌーピーが3Dで初登場! CGアニメ映画、来年12月公開

スヌーピーが3Dで初登場! CGアニメ映画、来年12月公開

 8月10日は全世界をはじめ、日本でも圧倒的な認知と人気を誇るキャラクター、スヌーピーの誕生日。その前祝いとも言えるタイミングの7日、2015年12月に公開予定のCG・3D映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』の特報映像で、初めてCG・3D化されたスヌーピーとその飼い主のチャーリー・ブラウンの姿がお披露目された。

 グッズやTV、街中の至る所で日々目にするスヌーピー。もとは1950年からアメリカの新聞に連載開始された漫画『ピーナッツ』に登場するキャラクター。見た目の可愛さとは裏腹にシュールな言動も話題を呼び、その人気は瞬く間に世界へ広がっていった。キャラクター人気の高さはもちろんのこと、哲学的でコミカルな漫画への評価も高く、新聞は世界で2000紙・75ヶ国・21ヶ国語に訳され、アニメ化されたものはエミー賞を5度も受賞するなど、老若男女問わず愛され続けている作品だ。

 漫画連載開始から65周年を迎える2015年に公開される同映画。今回解禁となった特報は、あの名作を彷彿とさせる遊び心いっぱいな導入から始まる。今までの漫画やアニメとは異なり、CGによって毛の一本一本までリアルに描かれたスヌーピーは、思わず手を伸ばしたくなる“もふもふ”した質感がたまらない仕上がりに。立体感を増したスヌーピーが、ぎゅーっと抱きしめたくなる可愛さでスクリーンを駆け回ってくれそうだ。

 製作を担当したのは、映画『アイス・エイジ』シリーズで知られているブルー・スカイ・スタジオ。質感は実写レベルでありながらもアニメーションらしい柔らかいキャラクター表現で、観客がより作品の世界観に入り込める映像を作り出している。

 また、音楽を担当するのは日本中を席巻している『アナと雪の女王』を手がけたクリストフ・ベックで、音楽での演出も見逃せない。最新技術を駆使した映像と、古くから老若男女に愛され続けるキャラクタースヌーピーが、どのようにCG・3D長編アニメーション化されるのか、期待が高まる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス