• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 篠原涼子、胃がん公表で舞台休演の夫・市村正親を「家族でサポート」

篠原涼子、胃がん公表で舞台休演の夫・市村正親を「家族でサポート」

 早期の胃がんと診断され、25日より開幕したミュージカル『ミス・サイゴン』の全日程(29日〜10月5日)を休演することを発表した俳優・市村正親(65)の妻で女優の篠原涼子(40)が28日、所属事務所を通じてコメントを発表した。

 篠原は、「このたび、市村正親の公演を楽しみにしてくださっていたお客様並びに関係者の皆様にはご迷惑ご心配をおかけし、本当に申し訳なく思っています」と陳謝。続けて、「ステージに立つことが本当に大好きで今までずっと走り続けて来た主人ですので、今は少しお休みをいただき、治療に専念させて頂きたいと思います。その間、家族みんなでサポートしていきます」と誓い、「これからも市村正親を応援して頂けると、有り難く思います」と呼びかけている。

 市村は、6月下旬に体調不良のため病院で診察を受けたところ、急性胃炎と診断され入院。その際に受けた精密検査の結果、胃に腫瘍が見つかり、病理検査の結果、悪性であると診断された。今後は約2週間の入院の間に腹腔鏡手術を受け、退院後は自宅療養に入る。11月からのミュージカル『モーツァルト!』には出演予定としている。

 なお、『ミス・サイゴン』で市村演じるエンジニア役はすでに同役を演じる駒田一に加え、筧利夫が代役を務める。市村が出演を予定していた回のエンジニア役は7月いっぱいは全て駒田が担当し、8月以降は後日発表される。

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索