• ホーム
  • 映画
  • 実写版『クローバー』追加キャスト決定 永山絢斗、夏菜、上地ら

実写版『クローバー』追加キャスト決定 永山絢斗、夏菜、上地ら

 女優・武井咲主演で実写化される映画『クローバー』(11月1日公開)の追加キャストが発表され、俳優・永山絢斗夏菜上地雄輔らが出演することが18日、わかった。同作は累計発行部数900万部、連載13年の原作・稚野鳥子氏による人気少女漫画の実写版。華やかなホテル業界を舞台に、武井演じる平凡なOL・沙耶と大倉忠義(関ジャニ∞)演じる超エリート上司・柘植の恋愛模様を描いたラブコメディー。

 永山は沙耶の幼なじみで、初恋の相手である樋野ハルキ役。夏菜は沙耶と柘植が勤めるホテル東洋の取締役で美貌と立場を武器に柘植にアタックを仕掛ける筒井栞、上地は柘植の上司で栞の兄・筒井義道をそれぞれ演じる。

 沙耶・柘植と三角関係に発展する役どころに永山は「ハルキの役割がより重要で、毎シーンとても意味のある登場をしていて、難しい役柄でした」と振り返りつつ、「台本を読んでいて気持ちがわからない部分も、武井さんと監督と嘘をつかずに作り上げて行く作業は、気持ちよく誠実にできたと思います」と胸を張った。

 お嬢様気質でワガママな栞を演じる夏菜は「監督とお話しして、とてもピュアな女性だなと感じ、まっすぐな気持ちを演じるようにしました」とこだわりを明かし、「色んなキャラクターが登場するのでご自身に近いキャラクターを探して頂き、ストーリーが進むにつれ、一緒に成長を感じてもらえると嬉しいです」と喜んでいる。

 そのほか、木南晴夏、水沢エレナ、光浦靖子、村上健志(フルーツポンチ)、鈴木拓(ドランクドラゴン)、柴田理恵、宍戸開、西村雅彦などが出演する。



オリコントピックス