アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • AKB入山杏奈、事件後初の劇場登壇 ギプス姿も笑顔であいさつ

AKB入山杏奈、事件後初の劇場登壇 ギプス姿も笑顔であいさつ

 5月25日の握手会襲撃事件で負傷し、療養していたAKB48入山杏奈(18)が30日、東京・秋葉原のAKB48劇場に事件後初めて登場し、ファンに笑顔であいさつした。

【写真】その他の写真を見る


 自身が所属するチームA公演前、右手のギプスをピンクの布でぐるぐる巻きに覆った痛々しい姿でサプライズ登場した入山は「皆さん本当にご心配をおかけしました。早く元気な姿を見せたいなと思いまして、今日は公演前に少しお時間をいただきました」とあいさつ。

 続けて「ずっと一人でお家にいるときとかも、皆さんの声が私の支えでした。完全に踊れるようになるまではもう少し時間が必要かなって思います。でも、私にはこうして帰ってくる場所があって、待っていてくださる皆さんがいます。自分にできることから少しずつ焦らずに進めていこうかなと思います。これからもよろしくお願いいたします」と状況を説明しつつ、前向きに語った。

 チームAメンバーも登場し、キャプテンの高橋みなみ(23)は「こうして少しずつではありますけれども、あんにん(入山)が元気な姿になって劇場に戻ってきてくれました。まだ川栄(李奈=チームA)はこのステージに戻ってきていないんですけれども、チームA全員がこのステージに戻ってくるその日まで、皆さま温かく見守ってくださるとありがたいなと思います。これからもチームA、そしてあんにんと川栄の応援をよろしくお願いいたします」と呼びかけた。

 事件の影響でこの日も最前列は使用禁止されたが、満席の229人の観客は割れんばかりの拍手と声援を送り、「最近どう?」「テレビばかり見ています」とメンバーと談笑する姿を温かく見守った。

【事件経過】
▽5月25日:午後5時ごろ、岩手・滝沢市内の握手会会場で川栄李奈、入山杏奈、男性スタッフの3人が切りつけられ負傷

▽同26日:川栄と入山が岩手・盛岡市内の病院を退院し帰京。警備体制の見直しでAKB48劇場を5月いっぱい休館、握手会も当面中止に。余波は他の女性グループにも波及

▽同27日:川栄と入山がSNS「Google+」でコメントを発表

▽同28日:川栄がフジ系『バイキング』、入山がニッポン放送『AKB48のオールナイトニッポン』にそれぞれ電話出演

▽6月2日:厳重警備のなか、AKB48劇場公演が1週間ぶりに再開。川栄、入山が所属するチームAから再スタート(2人は休演)

▽6月4日:川栄が2週連続で『バイキング』に電話出演。6月中に予定されていた握手会および写真会がすべて延期に

▽6月7日:『第6回AKB48選抜総選挙』(東京・味の素スタジアム)で16位に入った川栄がサプライズで登場。20位の入山は生電話で近況報告

▽6月11日:川栄がフジ系『バイキング』の生放送に3週間ぶりに復帰



関連写真

  • ミニワンピ姿で笑顔もみせる入山 (C)AKS
  • たかみな(右)らが見守る中、あいさつする入山杏奈 (C)AKS
  • ファンに手を振る入山 (C)AKS
  • メンバーと談笑(左から中村麻里子、入山杏奈、高橋みなみ)(C)AKS
  • 事件後初めてAKB48劇場に登場した入山杏奈 (C)AKS
  • AKB48チームAの劇場公演に入山杏奈(中央)が登場 (C)AKS
  • たかみな(右から2番目)らメンバーに囲まれる入山 (C)AKS

オリコントピックス