しょこたん、破局経て「毎日ソロ充」

 タレントの中川翔子が29日、都内で行われた映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』(8月8日公開)の空中アフレコイベントに登場。同作で自身が吹き替えを担当するヒロイン・テッサの勇敢な一面に感銘を受けたという中川は「私も強くならなきゃ」と固く決意。破局を経て「最近、“ぼっち”っていう言葉を“ソロ活動”って言い換えると強くなれた気がする」と明かし「毎日“ソロ充”してます」と笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 同シリーズを子供の頃から親しんでいたという中川は「子供の頃から何度もいろんな形で勇気、強さを教えてもらった」と熱弁。「私はつい、ネガティブでネットニュースのタイトルを見ると『違う〜違う〜』みたいな小さい人間なのでもっと強くならなきゃ」と反省していた。

 今作について中川は「まさかハリウッドという偉大な5文字が降り注いでくださるなんて…」と恐縮。「私自身、ロボットアニメの主題歌で人生が変わりましたし、父もロボットアニメの声優をやっていたので、人生のいろんな瞬間がつながって今回のご縁につながったのだなと思います。ハリウッドともご縁ができたらいいな」と期待を込めた。

 イベントでは米シカゴ上空800メートルを再現したセットでアフレコに挑戦した後、約3メートルにもなる新デザインの人気キャラクター・オプティマスとバンブルビーとともに写真撮影。会見の進行を務めた声優・玄田哲章が演じるオプティマスから「翔子くん」と呼ばれると大興奮しながら「『わが人生に悔いなし』と言いたいところですが、ここからが新章の始まりなのでまだまだ死ねません!」と話していた。



関連写真

  • 中川翔子 (C)ORICON NewS inc.
  • 米シカゴ上空800メートルを再現 (C)ORICON NewS inc.
  • トランスフォーマーと一緒に (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』空中アフレコイベントに登場した中川翔子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス