アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 武井壮、マスターズ陸上リレーでアジア新記録 世界記録に100分の5秒差!

武井壮、マスターズ陸上リレーでアジア新記録 世界記録に100分の5秒差!

 アスリートタレントの武井壮が22日、沖縄・浦添陸上競技場で行われた「第34回沖縄マスターズ陸上競技選手権大会」に出場し、M40クラス(40〜44歳)の4×100メートルリレーで、マスターズのアジア新記録と日本新記録を更新した。

 武井は、昨年にブラジルで行われた世界マスターズ陸上の200メートルで銅メダルを獲得。今回は、沖縄在住で100メートルのマスターズアジア記録ホルダーである譜久里武さん、渡辺潤一さん、石黒文康さんの4人で、チーム「EARTHLETES」を結成し出場。結果は、アメリカの持つ世界記録42.20秒に惜しくも100分の5秒差の42.25秒という好記録をマークし、1位でゴールした。

 アジア記録を打ち立てた武井は、「惜しくも0.05秒世界記録に届きませんでしたが、このチームで走る初めてのレースで世界記録にそこまで迫れた事は自信になりました」と手応えを見せ、「今年中にもう一本走って必ず世界記録を更新したいと思います!」と宣言。今後は、同チームで世界記録を目指して、改めてレースに参加する意向だという。

 また、このリレーの模様はフジテレビ系スポーツニュース番組『すぽると!』と、武井の冠番組『武井壮しらべ 誰もやらなきゃオレがやる!!』(TOKYO MX)で放送される。



タグ

オリコントピックス