ディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』と、その主題歌「Let it go〜ありのままで〜」が相乗効果で空前の大ヒットを記録する中、ディズニーが次に日本で仕掛けるのは、アンジェリーナ・ジョリー主演の実写映画『マレフィセント』(7月5日公開)だ。ディズニー・クラシック・アニメーションの名作『眠れる森の美女』を原作にした同映画では、原作と同じ主題歌が用いられているが、日本語版のみ異なる訳詞をつけて作品の世界観を際立たせている。 同映画は、『眠れる森の美女』のオーロラ姫に呪いをかける邪悪な妖精マレフィセントの視点で物語をひも解き、“禁断の呪い”が生んだ究極の愛を描くダークファンタジー。

この記事の画像

  • アンジェリーナ・ジョリー作品史上最高のオープニング成績を飾った映画『マレフィセント』。日本は7月5日公開(C)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『眠りの森の美女』のオーロラ姫に“永遠の眠り” の呪いをかけたマレフィセントが主人公(C)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • ディズニー・クラシック・アニメーションの名作『眠れる森の美女』

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索