• ホーム
  • 芸能
  • 『美味しんぼ』作者、休載に言及「去年から決まってた」

『美味しんぼ』作者、休載に言及「去年から決まってた」

 漫画『美味しんぼ』(小学館)の作者・雁屋哲氏が22日、自身のブログを更新。作品内で、福島第1原発から戻った主人公らが鼻血や疲労感に襲われたとする描写が論議を呼んでいる同作が、一時休載になったことについて言及した。

「美味しんぼ」作者、責任は「全て私にある」 (14年05月09日)


 今回の件に対し、雁屋氏は「『美味しんぼ』の休載は、去年から決まっていたことです」と明かし、「今回色々な方が編集部にご意見を述べられていますが、そのようなことに編集部が考慮して、『美味しんぼ』の休載を決めた訳ではありません」と説明。

 具体的には「『美味しんぼ』の『福島の真実篇』は最初単行本にして1巻の予定で始めました」としつつ、「しかし取材を重ねている内に、単行本1巻ですむような事では無いことが分かり、急遽、単行本2巻で納めようと言うことになりました」とこれまでの経緯を説明。さらに、「単行本2巻で納めるのは、24話が限界です。そんな訳で、最初から、『福島の真実篇』は『24話』で終わりと決まっていたのです」と事情を明かした。

 続けて、「『その22』で鼻血の件を書いたところ、反響が大きく、熱心な愛読者の方からは『圧力に負けないで勇気を持って書き続けて欲しい』というお便りを数多く頂きました」としながらも、「ご心配頂いた読者の方には申し訳ないのですが、その段階で原稿は書き上げてあり、作画もできあがっていたので、圧力に負けようにも負けようがなかったのです」と釈明。

 今後の一時休載には、「過去にも何度かあり、6ヶ月以上休載したこともあります」としつつ、「連載も長期化すると、原作者も、作画家も時に休みを取る必要があるのです。ご理解くださるよう、お願いします」と呼びかけた。

 また、前回のブログで、「取材は、『福島の真実篇 その24』が終わってから受ける」と明記した件については、「現在のところ、まだ冷静な議論をする状況」と「様々な事情があって、早くても7月の末まで、日本に戻れません」という理由から、「取材をお受けするのを先に延ばすことにしました」と報告した。



オリコントピックス