• ホーム
  • 芸能
  • 松岡修造、『ファブリーズ』新スピンオフCM映像解禁!学ラン姿も披露

松岡修造、『ファブリーズ』新スピンオフCM映像解禁!学ラン姿も披露

 タレント・松岡修造のインパクトある好演でも話題の『ファブリーズ』(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)の人気CM『熱血家族』シリーズから、スピンオフ新CM『17才のファブリーズ』(全3話)が誕生し、4〜6月にかけて放送されることがわかった。第1弾(60秒)は4月7日よりオンエアがスタートし、特設サイトでも公開された。

 今回の新CMは、「恋とファブリーズは遠いようで、近い。」というテーマのもと、恋とニオイとファブリーズが交錯する青春ドラマに仕上がっている。松岡修造演じる、教師である熱血家族の父・岡富士夫が、高杉真宙演じる長男・修一の高校に担任として赴任。修一のなかに芽生えた恋心が、担任でもある父に知られてしまうことになる。恋に悩み、ニオイに悩み、日々悶々とする長男と、自分の青春時代を思い出しながら独特な助言をする父。そんな父が自身の学生時代を思い出す回想シーンでは、松岡の貴重な学ラン姿も披露される。

 スピンオフについて松岡は「ファブリーズがドラマになることには、嬉しさと驚きがありますね。このドラマを見ていくと岡家のあり方が分かります。いつもの15秒・30秒のCMは、どちらかというとインパクトとか僕の顔芸とかが前面に出てくると思うのですが、今回はどれだけ父が息子のことを心配しているのかというのが自然に出るようにしています。だから今回は違う形で『お!修造ちょっと自然じゃないの?』といったインパクトを感じてもらえれば嬉しいです」とコメント。

 一方、息子役を演じた高杉は、松岡との共演を「いつか松岡さんみたいな熱血男の役をやってみたいなと思っていて、松岡さんを見て勉強させていただきました。僕に熱い言葉をかけてくれるシーンがあったんですけど、おもしろい言葉で笑わせてくれてすごく楽しかったです(笑)」とよろこぶ。

 そんな松岡だが、回想シーンではこだわりのヘアエクステンションで仕上げたユニークな七三ヘアと学ラン姿で、高校生になりきって登場。女子高生との共演には「(高校生同士ではなく)先生と生徒にならないかな(笑)?」と気にする一面もみせていた。

 同CMでは、恋をして初めて気がつく、汗がしみ込んだ制服やスニーカーの青春時代のニオイを、しっかりと消臭・除菌するファブリーズの特長とより効果的な使い方が、青春ドラマを通じて描かれる。熱血コーチの松岡が、高校生の恋愛までも熱血指導(!?)することでも話題になりそうだ。

 特設サイト(http://www.febreze.jp/seventeen)では現在、同CM60秒の完全版映像を期間限定公開中。青春ドラマのあらすじや人物相関図も掲載されている。なお、CM第2話は5月上旬から、第3話は6月上旬からオンエア予定。



オリコントピックス