アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 安西マリア、所属事務所が病状説明「予断を許さない状況」 搬送直後の診断は「急性心筋梗塞」

安西マリア、所属事務所が病状説明「予断を許さない状況」 搬送直後の診断は「急性心筋梗塞」

 都内の病院に救急搬送され、危篤状態であると報じられている、歌手の安西マリア(60)の所属事務所が8日、マスコミ各社にFAXを通じて、現在も予断を許さない状況であることを明かすと共に病状を説明した。

 所属事務所によると、安西は先月20日午後8時30頃に自宅で心臓の痛みを訴え、その後自ら119番通報し救急隊により都内の病院に搬送。搬送直後には「急性心筋梗塞」と診断され、除細動器などの治療により一時蘇生し反応が戻ったという。さらに、20日から3日間にわたって「低温療法」などの集中治療を試みるも、依然として意識は戻っていないことを報告した。

 現在については、自力呼吸もでき生命維持はされていると医師団より説明を受けているとし、発症から、約2週間余り必死で闘っている安西には、高齢のご家族が肩を寄せあって経過を見守っている状態であることを報告。諸般の事情により詳細を伝えるのが遅れたとしつつ、「予断の許さない状況は変わりませんので引き続き本人と家族のサポートを行っていきます」と説明している。

 安西は1973年に「涙の太陽」でデビュー。同年の第15回日本レコード大賞新人賞を受賞している。



オリコントピックス