アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • プリキュアシリーズ10周年、新作で「ハピネス注入!」

プリキュアシリーズ10周年、新作で「ハピネス注入!」

 ABC・テレビ朝日系で放送中のプリキュアシリーズ第10弾『ドキドキ!プリキュア!』に替わり、シリーズ第11弾として新番組『ハピネスチャージプリキュア!』(2月2日スタート、毎週日曜 前8:30)が登場する。ついに10周年に突入したプリキュアシリーズ。今作の合言葉は「ハピネス注入!」。キュアラブリー、キュアプリンセスたちがハッピーパワーを振りまいて、みんなの幸せのために戦う。

 2004年に始まったプリキュアシリーズは、ごく普通の少女が、ふとしたことをきっかけに伝説の戦士プリキュアに変身して、この世界を征服しようと企む悪と戦う変身ヒロインアクションアニメ。小さな女の子たちに、たくさんの夢と憧れを届けてきた。新番組『ハピネスチャージプリキュア!』はどんな展開に!?

 主人公キュアラブリーこと愛乃めぐみは、どんなことにも常に全力で頑張る女の子。自分の中から沸き起こるハッピーパワーで、周りのみんなをハッピーにしていく。自分次第で世界は変わる、明るく元気でいることで自分も輝き、周りの世界も明るく照らすことができるということを、プリキュアの活躍を通じて伝えていく。

 もう一人、キュアプリンセスこと白雪ひめは、地球上にある小国、ブルースカイ王国の王女で、次期女王。悪の組織・幻影帝国に支配されてしまった王国を救うためにプリキュアになる。きれいなものやかわいいものが大好きで、ファッションセンスは抜群。ちょっとわがままな箱入り娘だったが、めぐみといっしょに困難に立ち向かううちに、人を助ける喜びを知り、王女としても成長していく。

 プリキュアへの変身やフォームチェンジのモチーフは、ズバリ「お着替え」。プリチェンミラーとプリカードというアイテムを使用し、かわいいプリキュアコスチュームや、フラメンコダンサー、バレリーナなど特殊能力を発揮できるかわいいフォームにチェンジする。さらに、プリキュアをサポートするイケメンが2人登場し、ほんのり淡い恋愛模様も描かれる。

 スタッフは、『ハートキャッチプリキュア!』(2010年2月〜、7作目)のシリーズディレクターを務めた長峯達也監督と、『Yes!プリキュア5』(2007年2月〜、4作目)、『Yes!プリキュア5 Go Go!』(2008年2月〜、5作目)のシリーズ構成ほか全作品に携わっている成田良美氏が最強のタッグを組む。

 朝日放送の土肥繁葉樹プロデューサーは「かつてプリキュアに熱狂した子どもたちも主人公と同じ中学生に、いや高校生・大学生、社会人になっているかもしれません。毎日の生活を送るなかで、人は大なり小なり壁にぶつかり、もがきながら乗り越えようとしているはず。ときに気持ちが折れそうになったとき、自分を鼓舞し、心の支えとなってくれるのは何か――。『プリキュア』が今でもそうした存在になりうること、自信を持って訴えたい」とアピールしている。



関連写真

  • 『ハピネスチャージプリキュア!』(真ん中左から)キュアラブリー、キュアプリンセス(後列左から)ラブリーがフォームチェンジした姿(ロリポップヒップホップ、チェリーフラメンコ)、プリンセスがフォームチェンジした姿(シャーベットバレエ、マカダミアフラダンス)(C)ABC・東映アニメーション
  • 『ハピネスチャージプリキュア!』 は2014年2月2日スタート(C)ABC・東映アニメーション

オリコントピックス