• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • SKE松井玲奈、感染性胃腸炎の疑いでDr.ストップ 今年最後の握手会欠席

SKE松井玲奈、感染性胃腸炎の疑いでDr.ストップ 今年最後の握手会欠席

 体調不良のため22日の劇場公演「僕の太陽」を一部のみの出演とし、きょう23日の握手会を欠席したSKE48松井玲奈(22)が23日、自身のGoogle+とブログを更新。「感染性胃腸炎」である可能性が高いと診断されたことを報告した。

 21日深夜に急な吐き気と高熱に襲われたという松井は「動きたくても立つこともできず」、なんとか動けるようになった明け方、ようやく病院へ。22日は年内で活動を辞退する菅なな子(17)の最終公演だったことから、医者から止められたものの、点滴と吐き気止めで強行出演。「わがままを言って一部出演という形をとらせていただきました」と説明した。

 病院では採血と問診を受け、血液検査で「感染症」などがある際に数値が上昇する項目において、基準値を超える部分があり、医師は「感染性胃腸炎」である可能性が高いと診断。握手会では「感染する可能性があるため」、ドクターストップがかかった。

 松井は「今年最後の握手会でもあったので本当に残念です。 でも皆さんに移してしまう可能性がある以上はおとなしくしてなくてはいけません。楽しみに待っていてくださったみなさん、本当にすみません」と陳謝。「薬を飲んでしっかり休んで一刻も早く治るように頑張ります。胃腸炎、熱が凄く上がるし、何も食べられないし、吐き気が酷いので、みなさんも気をつけてください」とファンにも注意を呼びかけた。

オリコントピックス