アニメ&ゲーム カテゴリ

書道家・武田双雲が書いた「ハンター十ヶ条」

 人気アニメの劇場版第2弾『劇場版HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-』(12月27日公開)の来場者特典が明らかになった。書道家・武田双雲とのコラボレーションによる「ハンター十ヶ条」手ぬぐいが、全国の上映館で先着限定50万人の鑑賞者にプレゼントされる。

【写真】その他の写真を見る


 世界中で書のパフォーマンス活動を行い、音楽家、彫刻家などさまざまなアーティストとのコラボレーションでも注目を集めている武田は、実は『HUNTER×HUNTER』の原作者、冨樫義博の作品の大ファン。「『HUNTER×HUNTER』、本当に面白いですよね。どんどん面白くなるから中毒になって止められない。僕はもともと『幽☆遊☆白書』が大好きだったので、冨樫先生の作品に参加できて素直にうれしいです」と、今回のコラボ企画を快諾したという。

 プレゼントの手ぬぐいには、全てのハンターが守るべき使命が記されており、武田は「ハンター十ヶ条」の題字と、「心」を“一筆入魂”。「心」とは、今作の最重要キャラクターであるハンター協会会長・ネテロが大事にしている言葉であり、勝負服にも入っている文字。自ら興した武道も「心源流」と名付けている。「ハンター十ヶ条」の中でも、ハンターの「心」について書かれた条文“其乃四”「ハンターたる者 同胞のハンターを標的にしてはいけない」が物語のキーとなる。

 武田も「今回の映画は“ハンター協会の闇”がテーマなんですよね。今まで謎に包まれていた協会の歴史が描かれている…ゾクゾクしますね! 本当に楽しみです!」と話していた。



関連写真

  • 書道家・武田双雲と『劇場版HUNTER×HUNTER』のコラボレーションが実現
  • 武田双雲の書がデザインされた来場者特典の「ハンター十ヶ条」手ぬぐい(イメージ)※デザインは変更になることがあります
  • 『劇場版HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-』(12月27日公開)(C)POT(富樫義博)1988年‐2013年 (C)ハンター協会2013
  • 書道家・武田双雲が大好きな『HUNTER×HUNTER』のために一筆入魂

オリコントピックス