• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 上野樹里、インフルエンザで舞台あいさつ欠席 コメント寄せ「すみません」

上野樹里、インフルエンザで舞台あいさつ欠席 コメント寄せ「すみません」

 女優の上野樹里が27日、都内で行われた映画『陽だまりの彼女』(公開中)の舞台あいさつを、インフルエンザを理由に欠席した。所属事務所によると数日前から体調不良を訴えていたという。

 急遽MCから上野の欠席が伝えられ、舞台あいさつは嵐の松本潤三木孝浩監督の二人で開始。上野からは「せっかくこのような機会をいただいたのに、インフルエンザにかかってしまい、舞台あいさつに駆けつけられず、すみません。三木監督、松本さん、こんな大事な日を二人だけに任せてしまってごめんなさい。私の分まで、皆さんに大ヒットの御礼をよろしくお願いします」というコメントが寄せられた。

 三木孝浩監督が「(大ヒットの)喜びを樹里ちゃんと一緒に分かち合いたかった」と言うと、松本も大きく頷いて残念がった。松本は上野について「芝居しているときは、なりきって現場で役をずっと描き続けるタイプの方。その姿勢が素敵で、一緒にやらせてもらってよかった」とべた褒めし、普段の顔については「意外によくしゃべるなって。楽しい人ですね」と語っていた。

 同作は、小説家・越谷オサム氏の同名小説を実写化。新人営業マンの浩介(松本)が、不思議な秘密を抱えた真緒(上野)と10年ぶりに再会し、恋に落ちることから始まる奇跡を描くラブストーリー。

オリコントピックス

 を検索