アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『あら-1グランプリ』初代王者にバターぬりえ

『あら-1グランプリ』初代王者にバターぬりえ

 「とにかく“あらくて”面白い」パフォーマー日本一を決める『あらびき団presentsあら-1グランプリ2013 〜売れずに終わってもつかみたい称号がある!?〜』第1回大会の決勝トーナメントが8月31日、都内で開催され、大阪NSC卒業生で芸歴1年目のバターぬりえ(23)が初代王者に輝いた。関西弁のギャルが風で飛ばされた大きいつけまつ毛を追いかけ、なんとかキャッチするも「付けられるか〜い!」とツッコむネタで爆笑をさらい、あらく用意された優勝賞金“1000百円”(=10万円)を獲得した。

【写真】その他の写真を見る


 あらい一芸を持ったパフォーマーを紹介し、はるな愛、楽しんご、COWCOWの「あたりまえ体操」などブレイク芸人を多数輩出したTBS系『あらびき団』(2007年10月〜2011年9月終了)。放送終了を惜しむ声から昨年10月、“粗い世界観”をテーマに新生『ナマイキ!あらびき団』としてネット番組として復活を果たし、バイきんぐやキンタロー。といった時代を先取るニューカマーを誕生させた。

 その集大成となる今大会には、年齢・性別・国籍・プロアマ・所属事務所を問わず984組のパフォーマーが参加し、MCのライト東野こと東野幸治が独断と偏見で勝者を決定した。東野は「いろんなあらびきパフォーマーがいたのに結果的に運命なのか(番組)創生期からバターぬりえを待っていたのかも…」と、過去のパフォーマーを飛び越えての超新星誕生を絶賛。「R-1ぐらんぷりと2連覇してほしい。お笑いスターになってほしい!」と今後の活躍に期待を寄せた。

 MCは東野のほかレフト藤井(藤井隆)が担当し、アイドリング!!!菊地亜美がゲスト出演。あらびきネタは全て生披露ではなくスクリーン上映形式で行われ、敗者復活枠はこの日は会場不参加となった。

 王者のバターぬりえも敗者復活枠のため惜しくも優勝の瞬間に立ち会えず、優勝が決まるとすぐに関係者を通じてコメント。「ツイッターで何百件か連絡があってびっくりしました。今日、唐揚げパーティーをしようと思っていましたが、びっくりして動けなくなってます」と興奮気味に喜び、優勝賞金は東野が代理で受け取った。

 決勝大会にはオーケストラシンガー、ギャルズ、クロスバー直撃、シソンヌ、庄司智春、ハブ、ハリウッドザコシショウ、螢、増山緑、室田夫妻、メグちゃん、ヲタル、敗者復活枠から、バターぬりえ、ブルドーザー兄弟、しずる、歌歌ちゃん、中年マガジン西山、キンタロー。、ゆりやんレトリィバァ、ロバートが出場し、個性豊かな“あらい芸”で火花を散らした。

関連写真

  • 初代あら-1王者に輝いたバターぬりえ ※VTR出演のため会場不在。左下はネタを見守る(左から)レフト藤井=藤井隆、菊地亜美、ライト東野=東野幸治
  • 『あらびき団presentsあら-1グランプリ2013 〜売れずに終わってもつかみたい称号がある!?〜』第1回大会決勝トーナメントに出場したファイナリストら
  • 優勝賞金を代わりに受け取る司会のライト東野(右)
  • 『あらびき団presentsあら-1グランプリ2013 〜売れずに終わってもつかみたい称号がある!?〜』第1回大会決勝トーナメント=敗者復活枠のバターぬりえが優勝した瞬間、控え室で悔しがるファイナリスト
  • 『あらびき団presentsあら-1グランプリ2013 〜売れずに終わってもつかみたい称号がある!?〜』第1回大会決勝トーナメント (手前左から司会のレフト藤井、菊地亜美、ライト東野) 東野が持っているのは優勝者バターぬりえの写真
  • 『あらびき団presentsあら-1グランプリ2013 〜売れずに終わってもつかみたい称号がある!?〜』第1回大会決勝トーナメント優勝決定の瞬間
  • 『あらびき団presentsあら-1グランプリ2013 〜売れずに終わってもつかみたい称号がある!?〜』第1回大会決勝トーナメント=初代王者バターぬりえを紹介するライト東野こと東野幸治

オリコントピックス