アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ハウス加賀谷、統合失調症による苦労語る「こらえるの大変でした」

ハウス加賀谷、統合失調症による苦労語る「こらえるの大変でした」

 お笑いコンビの松本ハウスが8日、都内で著書『統合失調症がやってきた』の出版記念イベント前に記者会見を行った。ハウス加賀谷の持病であった統合失調症の悪化を理由に1999年に活動休止、10年の歳月をかけコンビを復活させた加賀谷は「この病気は完治とは言わず、寛解と言う。薬を飲んだ状態で寛解」と説明した上で、「復活芸人です」とアピール。まだ「完全に克服した状態とは言えない」としつつも「復活したのは4年前。飲んでる薬の内容も量も変わらないけど、どんどん脳みそがクリアになっていく」と笑顔で明かした。

 かつて『ボキャブラ天国』で注目を浴びた二人は現在、お笑い芸人としての活動と平行して講演会なども開催。加賀谷は「(統合失調症は)100人に1人がなる。皆さんもなる可能性がある病気です。身近な病気であることを届けたかった」と同書の執筆理由を明かした。

 中学時代から幻聴、高校生になると幻覚に悩まされていたという加賀谷は、執筆の際も「辛くないと思っていたことも辛くて、吐き気がした」と告白。休止前も精神疾患で通院していることを公表していたことから「あるお笑い大会の総評で『障害者を舞台にあげていいのか』と言われ、こらえるのが大変でした」と世間の偏見にも悩まされたことも吐露。それでも「今でもたまにありますが、気にしなくなった」と前を向いてみせた。

 『ボキャブラ天国』で共に活躍したくりぃむしちゅーや爆笑問題らが次々とブレイクしていくなか、「それどころじゃなかった」というほど重い副作用に苦しみ「ほぼ何も出来ない状態だった」と振り返る加賀谷。一方で「『いつかまたお笑い芸人に戻ってやる』という気持ちは大きくなったり小さくさったりしながらも、心の中にあった」と感慨深げに語った。

 相方の松本キックは「辞めるって話をする時も(加賀屋は)お母さんと一緒に来て、ほぼ聞こえてない状態だったし、『戻ってこい』とは言えなかった。少しでも良くなってほしいというだけだった」と当時の心境を回顧。休止中は“適度な距離”を心がけたといい「先回りをしすぎないで、こういう病気だからこういう対応をしなきゃと詰め込むのではなく、当事者と一緒に学んでいけばいい」と力強く訴えた。

 オーディションなどにも積極的に参加していると明かし、松本は「チャンスがあれば狙って行きたい」。大手芸能事務所サンミュージックに移籍し、松本が「今では完全に事務所では若手扱い」と冗談めかすと、加賀谷も「自分のこと、芸歴何年かはわからない。フレッシュ! フレッシュ!」と語り、笑いを誘っていた。

関連写真

  • 10年の活動休止を経て復活した松本ハウス (C)ORICON NewS inc.
  • 統合失調症を乗り越え、復活をアピールしたハウス加賀谷 (C)ORICON NewS inc.
  • 相方が闘病していた頃のエピソードを明かした松本キック (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス