• ホーム
  • 芸能
  • 酒井法子、相澤会長通夜で涙「なんの恩返しもできなかった」

酒井法子、相澤会長通夜で涙「なんの恩返しもできなかった」

 すい臓がんのため23日に亡くなった大手芸能事務所サンミュージックプロダクションの創業者で代表取締役会長の相澤秀禎さん(享年83)の通夜が28日、東京・青山葬儀所にてしめやかに営まれ、酒井法子が参列した。酒井は「ご迷惑ばかりかけて、なんの恩返しもできなかった」と、“恩人”との無言の再会を大粒の涙を流しながら振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 2009年に起こした覚せい剤事件で同事務所を離れ、相澤会長とは約3年ぶりの“対面”になったという酒井は「会長は本当に優しい感じで、『法子、頑張れよ』『大丈夫だから』って言ってくれた。温かく見守ってくれた」と述懐。恩返しができなかったことを悔やみ「会長にまた会える日があったら、『一生懸命に生きた』と言えるように、頑張ります」と語気を強めた。

 酒井は「14歳の頃から、1つ屋根の下、ご飯を食べさせてもらい、見守って下さった。温かく、頑張れと言って下さった。頑張ってえらいなと、褒めて下さった。いつも笑顔だったのが思い出されます」と、“育ての父”相澤会長と過ごしたエピソードを明かすと、再び目に溜めていた涙が溢れた。

 先週、相澤会長宛に手紙を送っていたことも明かし「一日でも早く元気になって、太陽のような温かい笑顔でお会いしたい、と書きました。自分勝手で…。一日でも長生きしてほしかった。ご迷惑おかけしました」と言葉を振り絞り「本当に会長のような偉大な方と過ごせて、感謝しております」と深々と頭を下げていた。



関連写真

  • 涙を浮かべながら“育ての父”相澤さんへの想いを語る酒井法子 (C)ORICON NewS inc.
  • 東京・青山葬儀所にて営まれた相澤秀禎さんの通夜に参列した酒井法子 (C)ORICON NewS inc.
  • 相澤秀禎さんの通夜に参列した酒井法子 (C)ORICON NewS inc.
  • 相澤秀禎さんの通夜に参列した酒井法子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス