アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 平成ライダー手がけた映画監督・長石多可男さんが死去

平成ライダー手がけた映画監督・長石多可男さんが死去

 映画監督の長石多可男さんが3月31日午後11時33分、進行性核上性マヒのため、東京都内の病院で死去した。68歳だった。東映が3日、発表した。通夜・告別式は親族のみで執り行われ、喪主は妻の睦子さんが務めた。後日、東映東京撮影所にて偲ぶ会が行われる予定。

 長石さんは人気シリーズ『仮面ライダー』(1971年〜)に助監督として携わり、佐藤健が主演に抜てきされた『仮面ライダー電王』(2007年)など一連の平成ライダーシリーズを監督として支えた。映画では『仮面ライダーTHE FIRST』(2005年)『劇場版仮面ライダー電王 俺、誕生!』(2007年)のメガホンもとった。

 ほかにも『光戦隊マスクマン』(1987年)や『電磁戦隊メガレンジャー』(1997年)などのスーパー戦隊シリーズも手がけており、東映の特撮ヒーロー作品に欠かせない人物だった。遺作はVシネマ『帰ってきた天装戦隊ゴセイジャーlast epic』(2011年6月21日発売)となった。



関連写真

  • 映画監督の長石多可男さん
  • メガホンを取る生前の長石多可男さん

オリコントピックス