• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • オセロ中島、活動休止理由は「会社と相方」 全真相を赤裸々告白

オセロ中島、活動休止理由は「会社と相方」 全真相を赤裸々告白

 芸能活動を休止していたお笑いコンビ・オセロ中島知子が29日、お昼の情報番組『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日)の独占取材に応じ、騒動の真相や現在の心境について赤裸々に語った。

 “洗脳”や“家賃滞納”などの騒動後、初めてテレビの取材に応じた中島は、すっきり痩せた姿でカメラの前に登場。約2年ぶりのテレビ出演に「緊張します」といい、これまで口を閉ざしてきたことに「どこで出ればいいかっていうのも気づかなくて。自分がちゃんとテレビの前で説明すればよかったと急に気づいた。(決断は)自分でした」と出演経緯を説明。

 突如音信不通となり、芸能活動を休止した理由については「会社とこれからについて話をしたが、ちょっと話が合わなかった」といい、もう一つの理由として、相方・松嶋尚美を挙げ「何年か前に独立した。コンビなのに独立したっていうこともそうなんですけど、独立したってことに自分も考えることがあって。それで悩んでいたこともあって、急に意を決してやってしまった」と告白した。

 また、占い師とされる女性については、出会いは8年前で元々は「ショップで会ったお客さん同士」。その後、悩みを聞いてもらえる相手となり「全体的に人生相談じゃないけど、人を楽しくさせる、生活が楽しくなるというように人生相談するようになった」といい、洗脳報道には「意味がわかんない。されてないし」と完全否定。現在も「私は友人だと思っているし、私ばっかりがいろいろ世話になった」と感謝を述べ、「自分と関わったことでこんなことになってしまって、本当に悪かったなと思う」と語った。

 2009年から始まった3年近い共同生活については、「私が向こうにお金を借りてて、それとは別に、私自身が人と一緒に暮らしたくなる癖がある。借金を返すのに、現金で返すのも嫌らしいと思って、一緒に住んでもらえませんかと。借金もそれで返すんでと私から頼んだ」とした。

 また、一時は年収が6000万円〜7500万円ほどあったようだが「貯金は率先してなくすようにしていた」「服に1回で350万使っていた。金遣いがわからない人の典型的な使いかた」と当時の生活ぶりを振り返りつつ、同居女性に遣っていたという報道には「私はがめついので絶対、人には渡しません」と言い切った。家賃滞納については「いつか払おうと思っていた。働けば返せると思っていた」とした。

 家賃滞納や閉じこもり生活で世間をにぎわせたが「迷惑かけると思っていましたけど、ここまでしたら休ませてもらえると思っていた。ここまでご迷惑かけるとわかっていたが、ヤケッパチになったら休めると浅い考えてやってしまった。申し訳なく思う」と謝罪。

 きのうまで病院に入院していたわけとして「家族から実家にいてほしいと言われたが、1ヶ月ぐらい家にいるのは長すぎて、止められるのも無視してお金も持たずに家を飛び出しヒッチハイクで遠くまで行った。そしたら(洗脳の影響で)またそんな行動したとなった。その後、療養して欲しいと両親に言われて、嫌だったが、入院すれば両親も納得してくれていると思って入院していた」と明かし、現在の健康状態と精神状態については「もうばっちり」と力説した。

 今後については「仕事はもうすぐにやらせてもらいたい。これからは一からやり直すという意味で、新しい自分を見せていただきたい」と語り、全てを語ったことに「後悔はしてない」と笑顔で明かしていた。

オリコントピックス

 を検索