• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

ゲームクリエイター・飯野賢治さん通夜・葬儀に800人参列 坂本龍一悲しみの弔電

 今月20日に高血圧性心不全のため亡くなったゲームクリエイター・飯野賢治さん(享年42)の葬儀・告別式が25日、東京・東高円寺の妙法寺で営まれた。代表作『Dの食卓2』のBGMが会場に響くなか、飯野さんと生前親交深かったミュージシャンの高橋幸宏、鈴木慶一、HISASHI(GLAY)、坂本美雨ら著名人をはじめ、ゲーム業界関係者など約200人が参列。前夜の通夜と合わせて800人が故人を偲んだ。

 飯野さんとは反原発運動などで親交が深かったミュージシャンの坂本龍一は、弔電で「飯野、俺は怒っているぞ。なぜ急ぐような死に方をしたのだ。あまりにもダラしないじゃないか。俺ももうすぐそっちに行く。忘れずに待っていろよ」と、早すぎる死を悔やんだ。

 飯野さんは晩年、教育と政治問題に関心を持ち、今年4月にも任意団体ILCA(Innovation Learning&Creative Artsの略)のもと、世田谷・ものつくり大学で講義も予定していた。亡くなる3日前の2月17日まで米・マサチューセッツ州に滞在し精力的に活動していただけに、妻・由香さんは「あまりにも突然の事で、いまだに現実を受け止めきれずにいます」と喪主挨拶で心境を明かした。

 また、由香さんは「(訃報を受けて)大変な反響をいただき、夫がどれほど多くの方々に愛され、かわいがられ、慕われていたかを改めて知り、妻としてこの上なくうれしく、感謝の気持でいっぱいです」と涙ぐみながら語り「今ではこの哀しみを一緒に泣いて抱きしめてくれる友人をたくさん得ることができました。夫が私に与えてくれた大切な財産です」と参列者に深々と頭を下げた。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索