ドラマ&映画 カテゴリ

TBS系『ひるおび!』初の年間同時間帯トップを獲得

 TBS系昼の情報番組『ひるおび!』の2部(前11:55〜後1:49)が2012年(1月4日〜12月28日)の年間平均視聴率で5.9%を獲得し、2009年4月期に番組開始以来、初の同時間帯横並びトップを獲得したことが4日、わかった。さらに、日本テレビ、フジテレビらをおさえて、TBSが同時間帯で年間同時間帯視聴率1位となったのも、放送時間で比較できるようになった1988年4月以降で初めてとなる。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。

 お笑いコンビ・ホンジャマカの恵俊彰、国際弁護士・タレントの八代英輝、枡田絵理奈アナウンサーが司会を務める同番組。志賀順プロデューサーは、「世の中の最大関心事を視聴者の方に少しでもわかりやすく、見やすく伝えようと恵さん、八代さんをはじめとする出演者・スタッフ一同で努力してきました。目標に向かっていく過程でチームの絆も固く強くなりました。価値のある情報があふれ、温かい番組でいられるよう今後も日々勉強していきます」と喜びのコメントを寄せた。

 番組当初の2部の月間平均視聴率は3.2%で同時間帯横並び5位だったが、徐々に視聴者の支持を集め、2011年6月期に2部がそれまでで最高の同時間帯3位(月間平均視聴率5.6%)に躍進した。以降、次第に順位を上げて、昨年1月期には2部が初めて月間同時間帯視聴率トップ(視聴率6.3%)を達成するなど好調を維持し、10月期にはついに月間視聴率で初めて1部(前11:00〜11:54)・2部ともに同時間帯トップという快挙も成し遂げた。

 なお1部と2部を合わせた『ひるおび!』放送全枠で集計しても、昨年の年間平均視聴率が5.4%で同時間帯横並びトップとなっている。これも放送時間で比較できる1988年4月以降、同局として初の快挙となった。

オリコントピックス

メニューを閉じる