Mr.Bigエリック・マーティン、仙台発JCアイドルに新曲提供

 米ロックバンド・Mr.Bigのボーカル、エリック・マーティン(52)が、仙台発の5人組現役女子中学生アイドルユニット「Party Rockets」(パーティロケッツ)の2ndシングル「MIRAIE」(来年2月27日発売)の作曲を担当していることがわかった。彼女たちの1stシングルを聴いたエリックが、Party Rocketsのためにハードロックサウンドの新曲を書き下ろした。

 Party Rocketsは渡邉幸愛(14)、吉木悠佳(14)、金野優花(14)、菊地史夏(13)、藤田あかり(13)からなる平均年齢13.6歳のユニット。仙台発のエンタメガールズユニット「B♭ -ビィフラット-」から選抜された5人で結成され、今年8月にシングル「初恋ロケット」でデビュー。幼さが残る外見とは裏腹に、ハードなロックサウンドとパフォーマンスで週末に活動する東京でもじわじわと口コミを広げている。

 今回、新曲を書き下ろしたエリックは「今、特に気に入っている仕事は“Party Rockets”との新しいプロジェクトだね」と明かし「コウメ・ユウカ・ハルカ・アカリ・フミカ…この5人はとても素敵な子たち。彼女たちへ楽曲提供するという機会を与えてくれたことに感謝しているよ。とても光栄に思うし、出来上がった音を聴いて圧倒された」とご満悦。

 「彼女たちの歌とダンスにハードロックを掛け合わせるというコンセプトをすっかり気に入ってしまった。僕を呼んでくれてありがとうって言いたいね。これからParty Rocketsが大きく飛躍することを期待しています。頑張ってください!」と新人アイドルユニットにエールを送った。

 世界的ロックスターの力を借りて、ローカルアイドルが全国へ名乗りをあげられるか注目される。

関連写真

  • Mr.Bigのボーカル、エリック・マーティン
  • 仙台発の5人組現役女子中学生アイドルユニット「Party Rockets」 ※写真左から菊地史夏(フミ)、吉木悠佳(はるちゃん) 、渡邉幸愛(コウメちゃん)、藤田あかり(あかりん)、金野優花(ユーカッチ)

オリコントピックス

メニューを閉じる