アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 年間CM起用社数、女性上位はAKB独占 男性は石川遼が4連覇

年間CM起用社数、女性上位はAKB独占 男性は石川遼が4連覇


■ランキング表はこちら

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターが11日、『2012年 タレントCM起用社数ランキング』を発表した。女性部門は、人気アイドルグループ・AKB48の【板野友美】と【篠田麻里子】が20社で同率1位に輝いたほか、【高橋みなみ】が18社で2位。今年8月にAKBを卒業した【前田敦子】(17社)が3位となり、昨年に続きトップ3は“AKB”が独占する結果となった。男性部門では、プロゴルファー【石川遼】が15社起用で堂々の首位となり、2008年から4年連続でキングの座についた。

■続くAKB旋風 ローラ、剛力らがTOP10入り

 女性部門トップ3以下は、同じくAKBの【小嶋陽菜】、HKT48の【指原莉乃】(16社)が同率で4位。5位には昨年CMクイーンの座を手にした【大島優子】をはじめ、【柏木由紀】、【上戸彩】、【芦田愛菜】(15社)がランクイン。6位には【渡辺麻友】、【武井咲】(14社)、続く7位は【横山由依】(13社)となり、上位7位の13人中10人が“AKBグループ(前田敦子を含む)”に。音楽業界のみならずCM業界も席巻し、今年も不動の人気をみせつけた。

 また、「オッケ〜」が流行語大賞の候補にもノミネートし、大躍進したタレントの【ローラ】(8位・12社)や、ベストドレッサー賞やベストスマイル・オブ・ザ・イヤーなど数々の賞を総なめした女優の【剛力彩芽】(9位・11社)らがトップ10に浮上。今年に入って幅広い活躍をみせ、昨年の圏外から急浮上している。

■福くん、ダンディ坂野が大躍進! 松岡修造も急上昇

 男性部門は、2位のアイドルグループ・嵐の【櫻井翔】(12社)を筆頭に、SMAPの【木村拓哉】(3位・11社)、同率で【相葉雅紀】、【中居正広】、【二宮和也】、【松本潤】(4位・10社)となり、ジャニーズ勢が例年どおり上位に顔を揃えた。

 そんななか、ドラマ『妖怪人間ベム』やCDデビューも果たした人気子役の【鈴木福】(12社)が昨年の8位から2位に大躍進。そのほか、“熱血さ”が人気の【松岡修造】が5位に、ピン芸人の【ダンディ坂野】も8社起用で6位になるなど、圏外からのトップ10入りを果たした。

【調査概要】
調査項目:テレビCMに出演している男女タレントの起用社数ランキング
調査期間:2012年1月1日〜11月30日
対象局:日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京(東京地区オンエア分)
備考:番組宣伝や本人出演のCD/DVD・着うた・映画CMなどはのぞく
(すべてニホンモニター調べ)





関連写真

  • 2012年年間CM起用社数1位に輝いたプロゴルファー・石川遼 (C)ORICON DD inc.
  • 2012年年間CM起用社数1位に輝いたAKB48・板野友美 (C)ORICON DD inc.
  • 2012年年間CM起用社数1位に輝いたAKB48・篠田麻里子 (C)ORICON DD inc.
タグ

オリコントピックス