• ホーム
  • 芸能
  • 伸び悩む後部座席のシートベルト着用率「一般道33.2%、高速道路65.4%」

伸び悩む後部座席のシートベルト着用率「一般道33.2%、高速道路65.4%」

 一般社団法人日本自動車連盟(JAF)が21日、警察庁と合同で「2012シートベルト着用状況全国調査」を発表した。後部座席のシートベルト着用率は、一般道路で33.2%(前年33.2%)、高速道路等では65.4%(前年63.5%)。一般道は低い水準で横ばい、高速道は微増と、乗車時の習慣として定着するまでには至っていないようだ。

 一方、運転者の一般道路での着用率は97.7%(前年97.5%)、高速道路等では99.5%(前年99.3%)、助手席も90%を越える数字が出ており、後部座席と比較すると着用率の差が大きく開いた。

 2008年より、車内全席のシートベルト着用が義務化され高速道路上での違反は行政処分も課されるが、依然後部座席の着用率は停滞気味。3連休を前に、いま一度交通安全への認識を深めておきたい。



タグ

オリコントピックス