アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • アジカン、新曲は高良健吾主演作『横道世之介』の主題歌

アジカン、新曲は高良健吾主演作『横道世之介』の主題歌

 4人組ロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲「今を生きて」が、俳優・高良健吾主演の映画『横道世之介』の主題歌に起用された。高良とは過去に「新世紀のラブソング」のMVや映画『ソラニン』などでもタッグを組んでおり、今回で3度目となる。

 映画は1980年代を舞台に、上京したての大学生・横道世之介(高良)を主人公に、彼をとりまく青春群像劇を展開。アジカンの後藤正文は鑑賞後に「今このときを生きていることを、もっと喜びたいなと思いました。家族や友達や恋人や、世界そのものが、愛おしくなるような、そんな作品でした」と絶賛し、「(作品に)そっと花を添えるような、そんな楽曲を作ることができたと思います」と自信をのぞかせている。

主演の高良は「アジカンはいつも、僕をキュンとさせてくれる。心が舞う」とし、メガホンを執った沖田修一監督も「初めて聞いたとき、映画の主人公、横道世之介のような曲だなと思いました」と太鼓判を押した。

 映画『横道世之介』は2013年2月23日より全国公開。

⇒⇒ ASIAN KUNG-FU GENERATIONのチケット発売情報



関連写真

  • ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲が、高良健吾主演作『横道世之介』の主題歌に決定。
  • 高良健吾の主演映画『横道世之介』は2013年2月23日より全国公開。

オリコントピックス