B’z、全米ツアー最終LA公演を全世界生中継へ

 人気ロックユニット・B’zが、現在敢行中の全米ツアー『B’z LIVE-GYM 2012 -Into Free-』のファイナル、10月7日(日本時間8日)のロサンゼルス「ギブソン・アンフィシアター」公演を全世界に配信することが決定した。

 1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」とアルバム『B’z』の同時リリースでデビューしたB’z が、記念すべき25周年イヤーの皮切りとなるきょう、米国でのライブを世界に発信することを決めた。

 今回の全米ツアーは、昨年の3公演から7公演に拡大。ヒット曲「愛のバクダン」(2005年)、「ultra soul」(2001年)などを英語詞で書き下ろし、再録音した新曲5曲収録の配信限定アルバム『B’z』を世界63ヶ国・地域で発売したうえで、17日のサンフランシスコ公演を皮切りに30日のニューヨーク初公演などを経て、LAでの最終公演に臨む。

 LA公演の模様は、日本時間10月8日(祝・月)の午前11時半よりGyaO!およびUstream内特設ページで生中継される。

関連写真

  • 全米ツアーファイナルのロサンゼルス公演を全世界配信するB’z
  • 配信限定アルバム『B’z』

タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索