• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • スポーツ
  • ゆず、五輪との“好相性”再び 内村&女子バレー活躍で問い合わせ殺到

ゆず、五輪との“好相性”再び 内村&女子バレー活躍で問い合わせ殺到

 人気デュオ・ゆずが5月発売した「with you」に問い合わせが殺到し、「栄光の架け橋」(2004年7月発売)とともに配信サイトやカラオケランキングで急上昇している。「with you」は日本生命CMの「内村航平・母の言葉篇」および「全日本女子バレーボールチーム・想いをひとつに篇」のBGMとして集中的にオンエアされ、ロンドン五輪でのアスリートの活躍とともに再注目されている。

 ゆずと五輪といえば、アテネ五輪(2004年)でNHK公式テーマソングに起用された「栄光の架橋」がまず思い浮かぶ。体操男子団体の最終演技者として登場した冨田洋之選手が鉄棒で完璧な演技を見せ、同局・刈屋富士雄アナウンサーによる「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」の名実況とともに、逆転で28年ぶりの金メダルを決めたシーンはいまなお語り継がれる名場面だ。そのゆずに新たな名五輪ソングが誕生したといえよう。

 日本生命のCM曲としてコラボした男子体操・内村選手が個人総合で金メダルを獲得、女子バレーチームも24年ぶりに準決勝進出を決めたことにより、8/9付のiTunes StoreシングルTOP20内に新曲「また明日」(8日発売)のみならず、「with you」「夏色」「栄光の架橋」の4曲がランクイン。着うた配信サイトでも複数曲が急上昇し、カラオケランキングでは「栄光の架橋」が3位に再浮上。ゆずとアスリートの好相性をあらためて証明した。

 日本時間13日早朝に閉会式が行われるロンドン五輪もいよいよ終盤を迎えているが、「with you」「栄光の架橋」はアスリートたちの感動の名場面とともに強い余韻を残しそうだ。

オリコントピックス

 を検索