アニメ&ゲーム カテゴリ

坂本真綾、公私共に順調そのもの「体にいいなって感じがします」

 歌手、女優、声優、ラジオパーソナリティとさまざまなフィールドで活躍する坂本真綾。昨年8月に結婚し、公私共に順調そのものに見える。ORICON STYLEのインタビューでも、仕事については「表現する喜びがあって、楽しくて仕方ない」と語り、結婚については「オンとオフの切り替えが自然にできるようになって、よかった。体にいいなって感じがします」と笑顔を輝かせた。

■30歳を節目にすごく楽になりました

――音楽以外の分野でも、舞台、声優、執筆、ラジオパーソナリティなど、多方面で活躍されていますが、それぞれどのようなスタンスで臨んでいるのですか?

【坂本真綾】私にとっては、表現するという意味ではどの分野の仕事でも垣根がない。意識的に切り替えることはなくて、陸上部の選手みたいな感じかしら? ハードル走にも、長距離走にも出場するみたいな感じ(笑)。種目は違うけど基本的に走るのが大好きって感じと似ている。表現する喜びがあって、楽しくて仕方ないから続いているんだと思います。

――仕事が楽しくて仕方ないのはなによりですね。

【坂本】若い時はいろいろなことにナーバスで、自分で自分のことがよくわかっていなくて、周囲の期待にプレッシャーを感じたり、そのギャップに悩んだり、いつもどこかで何か足りない、満たされない気持ちが強かった時期もありました。今は少し楽になってきたというか、たいていのことはまるっと受け入れられるようになりました。

――変わってきたのはいつ頃ですか?

【坂本】やはり、30歳を節目にすごく楽になりました。20代後半が一番しんどくて、もう若くもないんだけど、大人にもなりきれない、中途半端にモヤモヤっとしていたものが、30歳になったら吹っ切れた感じがするんですよね。

――多くの女性が共感すると思います。

【坂本】なんなんでしょうね、30歳って(笑)。数字的な節目といったらそれまでなんですが、20代に経験したいいことも悪いことも、すべて自分の血となり肉となって、今、発揮されているなって感じがします。

――昨年、結婚もされましたが、プライベートの変化による影響は?

【坂本】結婚した時も、30歳になった時と同じような開放感がありました。不思議ですね。すごく安心できる場所がひとつ増えて、そのことによって仕事をする上でもすごく力になってくれている。オンとオフの切り替えが自然にできるようになって、よかったですね。体にいいなって感じがしますね。

■日本語を綺麗に話すことを心がけました

――坂本さんが吹き替えで参加しているフランスのミッシェル・オスロ監督の影絵アニメーション『夜のとばりの物語』が公開中ですが、オスロ監督の作品をどう思いましたか?

【坂本】想像していた以上に色鮮やかでインパクトの強い作品でした。シルエットだけなのに、見終わった後、すべての表情の変化を観てきたような気がしました。人物の動きも細やかで、影絵に対する概念がガラリと変わりましたね。自分で想像力を働かせて、見えないものまで観ていたんだな、と。観客一人ひとりが想像力をプラスして観ることで、はじめて完成する作品。すごく面白いと思いました。

――吹き替えをするにあたっては?

【坂本】どの場面を切り取っても絵画のような芸術的な作品なので、映像を存分に味わっていただくためにも、音声がそれを邪魔しないように、耳にすっと入っていくように、日本語を綺麗に話すことを心がけました。フランス語の原音もとても素敵だったので、オリジナルの雰囲気を大事に伝えたいと思いました。

――公私共に順調で、さらなる活躍を期待しています。

【坂本】日常生活、経験する出来事すべてが、歌やお芝居に生かせる面白い職業だなって、思います。新たな人や作品と出会うたびに、いつも新鮮な驚きがある。未知の人や作品と一つでも多く出会って、これからもいっぱい驚いて、表現していきたいですね。

⇒⇒ 坂本真綾のファンクラブ情報

関連写真

  • さまざまなフィールドで活躍する坂本真綾 (C)ORICON DD inc.
  • (C)ORICON DD inc.
  • フランスのミッシェル・オスロ監督の影絵アニメーション『夜のとばりの物語』が公開中(C)2011 NORD-OUEST FILMS - STUDIO O ? STUDIOCANAL

オリコントピックス

 を検索