• ホーム
  • 映画
  • 高倉健、8年ぶりCM出演「良い仕事できた」

高倉健、8年ぶりCM出演「良い仕事できた」

 俳優・高倉健(81)が永谷園『お茶づけ海苔』のイメージキャラクターに起用され、8年ぶりにテレビCMに出演することがわかった。1956年に銀幕デビューし、『網走番外地』シリーズ、『幸福の黄色いハンカチ』など日本の映画史に残る数々名作を世に送り出してきた高倉の“映画一筋”の俳優人生を、企業理念の「味ひとすじ」と重ね合わせ、『お茶づけ海苔』の60周年記念作となる同作への出演を依頼したという。

【写真】その他の写真を見る


 高倉が出演する「ひたむきに歩く」篇は、長い道のりを歩み、ふと一息ついた時に、これまでの感謝の気持ちがそっと口をついて出るというもの。決して派手な演出ではないが、静かな映像に、高倉の人柄がにじみ出ている。

 撮影は、6月上旬に北海道帯広の湿地帯で敢行。気温も低く天候の悪条件などが重なったが、久々のCM撮影に高倉は「自分にとって非常に満足できる作品。良い仕事が出来た」と振り返った。

 永谷園『お茶づけ海苔60周年記念企画「ひたむきに歩く」』篇は7月1日より放送。



関連写真

  • 8年ぶりにテレビCMに出演する高倉健
  • 高倉の人柄がにじみ出ている静かな映像に注目
  • 永谷園『お茶づけ海苔』の商品パッケージ
タグ

オリコントピックス