アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • ビジネス
  • 東野圭吾のユーモア小説3作品をドラマ化 三上博史・笹野高史・濱田岳主演で3ヶ月連続配信へ

東野圭吾のユーモア小説3作品をドラマ化 三上博史・笹野高史・濱田岳主演で3ヶ月連続配信へ

 人気ミステリー作家・東野圭吾の短編3作品が、KDDIとJ:COMによる配信サービス「ドラマJoker<ジョーカー>」のコンテンツ『東野圭吾ドラマシリーズ“笑”』として、8月1日より3ヶ月連続配信でドラマ化されることがわかった。

【写真】その他の写真を見る


 東野氏はブラックな笑いのあるユーモア小説の短編集をこれまでに4冊上梓。裏のライフワークとも言われる作品群の中から、今回は「モテモテ・スプレー」(2005年『黒笑小説』収録)、「あるジーサンに線香を」(1995年『怪笑小説』収録)、「誘拐電話網」(1996年『毒笑小説』収録)の3作品が初めてドラマ化される。

 8月1日配信の「モテモテ・スプレー」は、あまりのモテなさに怪しい研究所の博士から秘密のアイテムを受け取ってしまうタカシ役で濱田岳が主演。ヒロインに倉科カナ、タカシに秘密のアイテムを提供する博士役に津川雅彦が共演する。

 9月1日配信の「あるジーサンに線香を」は若返りの実験に参加する主人公のジーサン役に笹野高史。若返ったジーサン役に菅田将暉、ヒロインはAKB48宮澤佐江。10月1日配信の「誘拐電話網」では、三上博史が身代金要求電話を受ける蕎麦屋の店主役で東野作品に初主演する。共演はミムラ。主題歌はトータス松本の「笑ってみ」が起用される。



関連写真

  • ミステリーの巨匠東野圭吾の裏のライフワークついに映像化 配信ドラマ「誘拐電話網」に主演する三上博史(右)と共演のミムラ
  • 配信ドラマ「モテモテ・スプレー」のワンシーン あやしげな博士(津川雅彦)から絶対モテるというスプレーを受け取るタカシ(濱田岳)
  • 配信ドラマ「あるジーサンに線香を」に主演する笹野高史
  • 配信ドラマ「モテモテ・スプレー」に出演する倉科カナ(右)
  • 配信ドラマ「あるジーサンに線香を」に出演する宮澤佐江(AKB48)
  • 配信ドラマ「あるジーサンに線香を」に出演する菅田将暉
  • 主題歌「笑ってみ」を担当するトータス松本

オリコントピックス