500年以上の歴史を持ち、オーストリア・ウィーンの音楽大使として世界各地でツアーを行うウィーン少年合唱団が26日、都内で記者会見を行った。同合唱団は1955年の初来日以来、2年ぶり26回目の来日。理事長のヴァルター・ネッティヒ教授は、昨年は東日本大震災の影響で来日できなかったことを詫び、欧州各国でチャリティー公演を行っていたことを報告。「今年は昨年の延期公演のつもりで、昨年の分を加えて過去最多35公演を行う」と発表した。

さらに、福島・南相馬市の女子中高生からなる合唱団「MJCアンサンブル」...

この記事の画像

  • “天使の歌声”ウィーン少年合唱団が2年ぶり26回目の来日

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索