アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • SDN48、39人全員で涙の卒業公演 2年半の活動に終止符

SDN48、39人全員で涙の卒業公演 2年半の活動に終止符

 AKB48のお姉さんグループ・SDN48が31日、東京・NHKホールで卒業コンサートを行った。同グループ初にして最後の単独コンサートで全37曲を熱唱したメンバーは、涙で顔をぐしゃぐしゃにしながらも、最後には晴れやかな笑顔。満員の観客に惜しまれつつ39人全員が一斉に卒業し、2009年8月の劇場デビューから2年8ヶ月の活動に終止符を打った。

【写真】その他の写真を見る


 絶叫のような「アンコール」に背中を押され、白いミニのウエディングドレスで登場した39人が横一列に並ぶと、キャプテン・野呂佳代が万感を込めてSDN48での活動を振り返った。

 「2009年8月1日、当初20名でスタートした私たちがこうしてステージに立っていられるのは、ファンの皆さんとサポートしてくれたスタッフのおかげです」とあいさつ。「1stアルバム『NEXT ENCORE』では、私たちが夢に見てきたオリコン1位を獲得させていただきました」と感謝すると、割れんばかりの拍手が送られた。

 「私たちSDN48はAKB48のように大きな記録は残せなかったけど、皆さんの記憶に残るチームでいさせてください」と呼びかけた野呂の頬に涙がつたうと、ステージ上のメンバーと会場からはこらえていた嗚咽が漏れた。

 ダブルアンコールで「終わらないアンコール」のイントロが鳴り始めると、会場はファンのペンライトで一面、白に染まり、メンバーも大階段に座って「S」「D」「N」の人文字を作ってそれに答えた。

 ラストナンバー「孤独なランナー」を歌い終え、名残惜しそうにステージを後にしようとしたメンバーを引きとめるかのように、満員の観客からは「SDN」コールが沸き起こった。2009年8月1日の劇場デビューから338公演目となる最終公演を終えたメンバーは、ステージで抱き合って号泣しながらも、会場には笑顔を向け、いつまでも手を振っていた。

 なお、昨年10月にSDN48全員卒業を告知以来、総合プロデューサー・秋元康氏のもとには撤回を求める5800人分の嘆願書が寄せられた。存続こそかなわなかったが、一年後に卒業メンバー全員が集まって同窓会のようなイベントが行われる予定だという。



関連写真

  • 東京・NHKホールで卒業コンサート『NEXT ENCORE』を行ったSDN48
  • M2「MIN・MIN・MIN」
  • 充実感あふれる表情でパフォーマンスした芹那(左)と佐藤由加理
  • Wアンコール1「負け惜しみコングラチュレーション」 (C)AKS
  • Wアンコール2「終わらないアンコール」 (C)AKS
  • Wアンコール2「終わらないアンコール」 (C)AKS
  • アンコール4「孤独なランナー」 (C)AKS
  • アンコール4「孤独なランナー」 (C)AKS
  • M14「口説きながら麻布十番」ではデュエット相手のみのもんたが駆けつけた (C)AKS
  • M14「口説きながら麻布十番」ではデュエット相手のみのもんたが駆けつけた (C)AKS
  • M14「口説きながら麻布十番」 (C)AKS
  • M21「誘惑のガーター」 (C)AKS
  • M21「誘惑のガーター」 (C)AKS
  • M21「誘惑のガーター」 (C)AKS
  • M22「じゃじゃ馬レディー」 (C)AKS
  • M22「じゃじゃ馬レディー」 (C)AKS
  • M22「じゃじゃ馬レディー」 (C)AKS
  • M13「愛よ、動かないで」 (C)AKS

オリコントピックス