アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • DAIGO、『ウルトラマンサーガ』で映画初主演 働き盛り「可能性探っていきたい」

DAIGO、『ウルトラマンサーガ』で映画初主演 働き盛り「可能性探っていきたい」

 遥かな宇宙、M78星雲「光の国」からやってきたヒーロー、ウルトラマン。1966年にお茶の間のテレビに登場してから、昨年45周年を迎えた。

【写真】その他の写真を見る


 ウルトラマン映画最新作『ウルトラマンサーガ』(おかひでき監督、3月24日公開)に主演する歌手・タレントのDAIGOは、その歴史の重みを体感した。「主演といっても、主役はウルトラマンたち。ウルトラマンという日本が誇る世界のヒーローの最も新しい物語を、出演者の一人として皆さんに届けられることが嬉しい。45年間の歴史の中の懐かしい部分と、未来に向かって進化していくウルトラマンの新しさ、全てを堪能できる作品になったと思います」。

 同作では、ウルトラマンと戦う怪獣たちに、ウルトラマンシリーズの原点『ウルトラQ』の第1話に登場したゴメスをはじめ、グビラ、アーストロンなどが登場したり、円谷特撮の代名詞でもあるミニチュアセットが復活したり、原点回帰的なアプローチが、ある年齢以上の大人たちには懐かしさを感じさせる。

 新しいのは、ウルトラ史上初の女性だけの地球防衛隊「TEAM U」が登場すること。それも、今をときめくAKB48秋元才加宮澤佐江梅田彩佳、増田有華らが演じること。お飾り的存在かと思ったら、がっつり物語に絡んでいる。共演したDAIGOも「AKB48の皆さんは、常にストイックに撮影に臨んでいた。戦闘服姿もカッコ良かったですね」と絶賛する。

 何よりも「ウルトラマンゼロ」「ウルトラマンダイナ」(つるの剛士)、「ウルトラマンコスモス」(杉浦太陽)が、力を一つに合わせて、新しいヒーロー「ウルトラマンサーガ」が登場するのが新しい。

 謎の侵略宇宙人・バット星人に制圧され、滅亡の危機にひんする地球のピンチを知り、時空を越えて駆けつけたウルトラマンゼロと一体化する、「スーパーGUTS」のタイガ・ノゾム隊員を演じるのがDAIGOだ。

 「タイガはちょっとお調子者だったりするが、ある理由からウルトラマンゼロと一体化することを拒む、いままでにないヒーロー像で描かれている。ひょうきんに振る舞ったかと思えば、シリアスな表情をすることもあって、意外と感情の振り幅が大きいキャラクターでした。ワンシーン、ワンシーン、丁寧にみんなで作っていった」と手応えを語る。

 ロックバンド・BREAKERZのボーカルで、バラエティ番組などでも活躍するDAIGO。DAI語録「うぃっしゅ!」は子どもたちにもウケて、知名度を上げた。同作でも、らしさを発揮している。「台本の中に『ここでポーズ』と書いてあって、ポーズは俺の管轄かなと想って、考えだしたのが『フィニッシュ』。劇中でもっとやっておけばよかったと思うんですが、最初のほうでサラっと披露してしまうので、お見逃しなく」。

 「まさか自分がウルトラマンと共演するなんて、想像していなかった」と語るDAIGO。次の4月8日の誕生日で34歳になる。「人生ってやっぱ面白いという、何が起こるかわからない。年齢的にも働き盛りなので、ウルトラマンのパワーを借りつつ、ウルトラ活躍できたらですよね」と、これまでとはひと味違う境地を望んでいるようだった。



関連写真

  • 『ウルトラマンサーガ』の出演で子供たちの支持率が急上昇しそうなDAIGO (C)ORICON DD inc.
  • 『ウルトラマンサーガ』DAIGOの出演シーン(C)2011「ウルトラマンサーガ」製作委員会
  • 『ウルトラマンサーガ』は3月24日(土)より2D・3D同時公開 (C)2011「ウルトラマンサーガ」製作委員会
  • 地球を救うため、3者が力を合わせる。「ウルトラマンダイナ」(つるの剛士)、「ウルトラマンゼロ」(DAIGO)、「ウルトラマンコスモス」(杉浦太陽) (C)2011「ウルトラマンサーガ」製作委員会
  • 「ウルトラマンダイナ」(つるの剛士)、「ウルトラマンゼロ」(DAIGO)、「ウルトラマンコスモス」(杉浦太陽) (C)2011「ウルトラマンサーガ」製作委員会
  • 新ネタ?「フィニッシュ」をお見逃しなく『ウルトラマンサーガ』は3月24日(土)より全国公開(C)ORICON DD inc.

オリコントピックス