• ホーム
  • 芸能
  • かまいたち、上方漫才コンテストで優勝 今年2冠目

かまいたち、上方漫才コンテストで優勝 今年2冠目

 若手漫才師の登竜門として伝統ある『第42回NHK上方漫才コンテスト』が2日、大阪市のNHK大阪ホールで行われ、かまいたちが優勝した。1月の『ABCお笑いグランプリ』(朝日放送主催)に続いて2冠目を手中に収め、ツッコミ担当の濱家隆一は「芸歴8年で、8年間特に何もなかった中で、この2つを獲らせてもらえればという気持ちのほうのプレッシャーはありました。すごく意気込んでいました」。ボケ担当の山内健司は「今日はちょっとかなり緊張しまして、やり終わって今もうホッとしているところです」と心境を語った。

 今回は過去最多の147組が予選に参加し、本選に駒を進めた6組で争われた。予選1位通過のかまいたちは、1回戦で同じブロックのウーマンラッシュアワー藤崎マーケットを退け、決勝戦では別のブロックを勝ち上がった学天即天竺鼠span! は敗退)と対戦し、7人の審査員全員から票を集め、優勝を決めた。

 「昨年この大会で一票も札が上がらずに(1回戦で)負けてしまうという、悔しい結果に終わりまして、今年こそはという思いでした」と濱家。「1位通過したコンビは毎年(本選は)ダメ」というジンクスを吹きこまれても、「一生懸命頑張った結果が優勝につながったんじゃないかと思っています。本当に嬉しいです」と喜びを噛み締めた。

 この日のかまいたちは、1回戦・決勝とも電車シチュエーションもので、1回戦では“お年寄りにどうやって席を譲るか”、決勝では“隣の人が居眠りしてもたれかかってきたらどうするか”というネタを披露。山内は「(先攻の)学天即がすごくウケていた分、『もう、振り切ってやらないと勝てないな』と思って一生懸命やりました。学天即もちょっと“電車”を出してきて、ゾッとしましたけど(笑)。何とかなってよかったです」と決勝戦を振り返った。

 NHKとABCの2冠に満足せず、各種コンテスト(全国大会)の制覇に意欲を示す2人は「調子に乗る意味ではなく、必死にちゃんと精進して全部取りたいと思っています」(濱家)。「出られる大会は全部出て、毎月5up劇場で単独ライブもやらせてもらっているんで、準備はきっちりして大会に臨もうと思っています」(山内)。濱家は「8年間も売れなかったらコメントがちょっと真面目になってしまって(笑)。しっかりとやるということだけですね」。山内も「それ以外ないですね(笑)」と話していた。

 『上方漫才コンテスト』は、実力派若手芸人(結成から10年以下が出場条件)の発掘を目的に、1971年に第1回が開催され、これまでオール阪神・巨人トミーズますだおかだフットボールアワー笑い飯などが栄冠を手にしてきた。



関連写真

  • 『第42回上方漫才コンテスト』で優勝したかまいたちの山内健司(左)、濱家隆一(右) (C)NHK
  • 決勝戦で電車シチュエーションネタを披露するかまいたち (C)NHK