• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • スポーツ
  • 『情熱大陸』サッカー・内田篤人選手、ドイツで味わう苦しみと、成長と

『情熱大陸』サッカー・内田篤人選手、ドイツで味わう苦しみと、成長と

 きょう4日放送の人気ドキュメンタリー番組『情熱大陸』(毎週日曜 後11:00〜 MBS・TBS系)は、ドイツ・ブンデスリーガのFCシャルケ04に所属するサッカー日本代表の内田篤人選手(23)に密着する。甘いマスクで女性人気は代表選手の中でも群を抜く内田だが、ドイツでは家賃13万円の部屋に一人暮らし、「彼女はホントにいないんです!」と語る。そして、自宅と練習場を往復する毎日。内田は今、プロデビュー以来順風満帆だったサッカー人生で、初めての苦境に直面していた。

【写真】その他の写真を見る


 内田は1988年、静岡県生まれ。父は体育の先生、母は元陸上選手。かけっこが得意な少年は、サッカーもすぐに上手くなった。サッカーの名門、清水東高校で、当初はフォワードだったが、俊足を買われて右サイドバックにコンバート。2006年に鹿島アントラーズに入団。1年目からレギュラーを獲得し、リーグ3連覇に貢献する。19歳で初代表にも選出された。2010年にドイツのビッグクラブ、シャルケへ移籍し、1年目から活躍。屈強な欧州の選手を相手に俊足で攻守共に輝きを放ち、シャルケ史上初のUEFAチャンピオンズリーグベスト4進出に貢献した。

 ドイツに渡って2年目の今シーズン。リーグが始まって間もない昨年9月、内田は競技人生で初めての右太ももの肉離れで戦線離脱した。それでなくとも熾烈なポジション争いでライバルに定位置を奪われ、リーグ前半戦17試合のうち、出場したのはわずか5試合。ベンチにさえ入れないこともあり、シャルケが内田を放出する憶測も飛んでいた。内田に今、一体何が起きているのだろうか? ファンも気になっていたことを今回の『情熱大陸』では、ありのままに伝える。

 サッカー選手がピッチに立てないやるせなさ、アピールするチャンスに自分のプレーができないもどかしさ。それがどれだけ辛く、苦しいか、たぶん当事者にしかわからない。内田は、取材班のカメラの前でイライラすることも、取り乱すこともなく、自然体でしなやかに振る舞う。その中で、「たらればの話はないから。この世界に」「この悔しさに慣れたら(サッカー選手を)辞めたほうがいい」などと、内に秘めた熱いものが感情のまま言葉として現れてくるのは、内田の“成長”のようにも見える。

 取材は今年2月に行われ、香川真司、長友佑都、吉田麻也、乾貴士ら欧州で活躍する選手たちと共に過ごす休日にもカメラが密着。スター選手たちの飾らない本音も聞くことができる。

関連写真

  • 3月4日放送の『情熱大陸』はサッカーの内田篤人選手に密着 (C)MBS
  • オフの日。オランダリーグで活躍する吉田麻也選手とイタリア・セリエAでプレーする長友佑都と3人で、ミラノでショッピング (C)MBS
  • ドイツの冬は寒い。各国の代表、代表経験者がひしめきあうシャルケは練習も激しい(C)MBS
  • 3月4日放送の『情熱大陸』はサッカーの内田篤人選手に密着 (C)MBS
  • 3月4日放送の『情熱大陸』はサッカーの内田篤人選手に密着 (C)MBS

オリコントピックス

 を検索