アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 特撮
  • 【ゆうばり映画祭】DAIGOとウルトラマンサーガが登場「気分はファンタスティック」

【ゆうばり映画祭】DAIGOとウルトラマンサーガが登場「気分はファンタスティック」

 北海道夕張市で開催中の『第22回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』で25日、ウルトラシリーズ最新作『ウルトラマンサーガ』(おかひでき監督、3月24日公開)が上映され、主演のDAIGO(33)が舞台あいさつに立った。朝8時前から入場待ちの列ができ、会場のアディーレ会館ゆうばり大ホールの約600席がほぼ満席となる盛況ぶり。ウルトラマンサーガも登場して拍手喝采を浴びると、DAIGOは「気分はファンタスティック」とご機嫌だった。

【写真】その他の写真を見る


 昨年、45周年を迎えたウルトラシリーズ。「物心ついたころからすぐそばに、当たり前の日常の中にウルトラマンはあった」と語ったDAIGOは、今作でウルトラセブンの息子であるウルトラマンゼロの人間態、「スーパーGUTS」のタイガ・ノゾム隊員を演じる。「ウルトラ史上一番、乗りの軽い主人公。地のままじゃないかと思われそうですが、監督と話し合いながら役を作って、楽しく演じました」とDAIGO。

 出演オファーを受けた時のことを「正直、いろんな仕事をやっていますが、ウルトラマンになれるなんて、人生の中で予測つかなかったこと。自分に務まるかのかな、と思ったが、明後日ウルトラマンになりたいと思ってもなれるものではない。ありがたく引き受けさせていただきました」と振り返り、ユーモアたっぷりのトークで観客を楽しませていた。

 今回、初めて同市を訪れたDAIGOは「僕は東京に住んでいるので地元の方はどう思われるかわかりませんが、雪景色がキレイで、堪能させてもらっています」。円谷プロダクションの怪獣造型師・品田冬樹氏は「ゴジラ、ガメラも来たゆうばり映画祭に、満を持してウルトラマンが来た」と感無量な様子。同映画祭の第1回と第2回のコンペティション部門に出品しており、20年ぶりに劇場公開予定の新作を引っさげての凱旋となったおか監督は、「夕張の人情は変わらないな」と感慨深げに語っていた。

 同映画は、侵略宇宙人・バット星人に支配された地球を救うため、2009年『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場したウルトラマンゼロが初めて地球にやってくる。かつて地球で活躍したウルトラマンダイナ、ゼロと同じように地球のピンチを知ってやってきたウルトラマンコスモスと力を合わせることで、ウルトラマンサーガとなり、戦いを繰り広げる。

 地球において“最後の砦”となって子供たちを守っている地球防衛隊チームUのメンバーを、AKB48の秋元才加、梅田彩佳、宮澤佐江、増田有華、小林香菜、佐藤すみれ、島田晴香が演じ、ウルトラヒーローと一緒に戦うことでも話題を集めている。

『ウルトラマンサーガ』劇場鑑賞チケット発売情報



関連写真

  • DAIGOとウルトラマンサーガが『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』に登場
  • ウルトラマンサーガ (C)ORICON DD inc.
  • DAIGO (C)ORICON DD inc.
  • 『ウルトラマンサーガ』3月24日(土)より松竹配給で2D・3D全国ロードショー(C)2011「ウルトラマンサーガ」製作委員会

オリコントピックス