アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • AKBが初のゴールドディスク大賞 洋楽部門はガガV2

AKBが初のゴールドディスク大賞 洋楽部門はガガV2

 日本レコード協会は27日、東京・六本木のニコファーレで『第26回 日本ゴールドディスク大賞授賞式』を行った。大賞の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門は史上最多タイの10冠を獲得したAKB48が初受賞、洋楽部門はレディー・ガガが2年連続で受賞した。

 オリコン年間シングルTOP5独占、悲願の「日本レコード大賞」初受賞など、2011年の音楽シーンを席巻したAKB48は、対象期間中(2010年11月1日〜2011年10月31日)のアルバム総売上139万970枚、シングル総売上746万471枚、ビデオ総売上64万3815枚、配信総売上1197万5301ダウンロードを記録。シングルはゴールドディスク大賞史上初のベスト5(「Everyday、カチューシャ」「風は吹いている」「桜の木になろう」「チャンスの順番」「フライングゲット」)を独占し、「シングル・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)には「Everyday〜」が輝いた。

 VTR出演したメンバーは、記録の内訳を知ると目を丸くし、高橋みなみは「本当に感激しています。すばらしいアーティストさんが受賞されてきたこの賞を、私たちが受賞できて光栄です」と感謝。大島優子は「この記録が私たちのこととは思えません」と驚きを隠せなかった。

 一方、洋楽部門でV2を達成したガガのアルバム総売上は107万5330枚、シングル総売上4万1065枚、配信総売上573万5770万ダウンロードだった。

 同賞は1987年に制定。対象期間中の「客観的なレコードの正味売上実績(総出荷数から返品数を差し引いたもの)と有料音楽配信の売上実績」を選定基準とし、レコード産業に大きく貢献したアーティスト及び作品を表彰した。なお、昨年までは邦楽、洋楽の2ジャンルだったが、今回からアジア枠が新設された。

『第25回日本ゴールドディスク大賞』主な受賞一覧
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】AKB48
【洋楽】レディー・ガガ

■ベスト・エイジアン・アーティスト
【アジア】KARA

■ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト
 氷川きよし

■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】Kis-My-Ft2
【洋楽】LMFAO
【アジア】2PM

■ベスト・演歌/歌謡曲・ニュー・アーティスト
 パク・ヒョンビン

■アルバム・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】いきものがかり『いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜』
【洋楽】レディー・ガガ『ボーン・ディス・ウェイ』
【アジア】少女時代『GIRLS’ GENERATION』

■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
 辻井伸行『神様のカルテ〜辻井伸行 自作集』

■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー
 ノラ・ジョーンズ『ノラ・ジョーンズの自由時間』

■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
 葉加瀬太郎『THE BEST OF TARO HAKASE』

■サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
 オリジナル・サウンドトラック『バーレスク』

■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
 銀魂『銀魂BEST2』

■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
 日本コロムビア吟詠音楽会『第四十七回 コロムビア全国吟詠コンクール課題吟 苧環』

■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー
 シェネル『ラブ・ソングス』

■シングル・オブ・ザ・イヤー
 AKB48「Everyday、カチューシャ」

■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード
【邦楽】コブクロ「流星」
【洋楽】レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」
【アジア】KARA「ジャンピン」

■ベスト・ミュージック・ビデオ
【邦楽】嵐『ARASHI 10-11 TOUR“Scene”〜君と僕の見ている風景〜STADIUM』
    嵐『ARASHI 10-11 TOUR“Scene”〜君と僕の見ている風景〜DOME+』
    AKB48『AKBがいっぱい〜ザ・ベスト・ミュージックビデオ〜』
【洋楽】マイケル・ジャクソン『マイケル・ジャクソンVISION』
【アジア】KARA『BEST CLIPS』

■特別賞
 VARIOUS『ソングス・フォー・ジャパン』



関連写真

  • 日本ゴールドディスク大賞(邦楽)を初受賞したAKB48
  • トロフィーを授与され満面の笑み
  • 日本ゴールドディスク大賞(洋楽)を2年連続で受賞したレディー・ガガ

オリコントピックス