• ホーム
  • 芸能
  • トヨタ『レクサス』、スマホ向け情報提供サービス

トヨタ『レクサス』、スマホ向け情報提供サービス

 トヨタは24日、1月の新型『レクサス』の販売を機にレクサス専用の情報提供サービス(テレマティクスサービス)のスマートフォン向けサービス『LEXUS smartG-Link』を開始すると発表した。同社は2005年よりレクサス専用テレマティクスサービス『G-Link』をパソコンやフィーチャーフォンを通じて提供していたが、今回の新サービスはスマホ向けにさまざまな機能を新たに追加している。

 『LEXUS smartG-Link』はiPhoneやAndroid搭載のスマホが対象で、専用のアプリケーションをダウンロードすることにより利用可能。従来の『G-Link』同様、走行距離や給油後平均燃費、警告灯の点灯履歴など車両情報の参照、カーセキュリティの設定変更やドアロックの遠隔操作、販売店とのメール連絡などのサービスを利用できる。

 また、新たな機能として1月発売の新型車購入者向けにバッテリーなどの消耗品の劣化やエンジンオイル量の不足などを通知する「eケア」、自動点灯ライトのセンサー感度をはじめとしたなど車両のカスタマイズ項目をスマホで設定できる「G−カスタマイズ」を加えたほか、車の駐車位置を地図上で確認できるカーファインダー機能を3月上旬より提供する予定。



タグ

オリコントピックス